ライフスタイル特集
2016.8.30

食べる美容バイブル 【藤沢セリカさんのスーパーフード使いこなし術】

メークアップアーティスト、内外美容研究家、美容料理研究家、パーソナルトレーナーetc. 世の女性たちを美しく健やかにする仕事をしている人は、自身のキレイにもぬかりなし! その「食べ哲学」は、なるほど理にかなってヘルシーで、おいしくて、美的でした!

 

美白がもっと身近に感じられるとリピーター
巷で大流行のスーパーフード。抗酸化成分豊富でアンチエイジングに効く…と、最近ではスーパーなどでも簡単に手に入るようになりました。けれど、日本の食卓になじみのない食材だけに、なかなか続けるのが難しい所。ブームに乗って購入したものの、使い切れなくて冷蔵庫の奥で眠らせたままになっている…という人も多いのでは? 王道の、ジュースやヨーグルトのトッピングといった方法以外にも、おいしく食べるアレンジを知りたいもの。そこで、スーパーフードに詳しい料理研究家の藤沢さんに、賢い取り入れ方を教えてもらいました。

 

思いつくメニューは1パターン…
使い切れなくて困っている3大スーパーフード、どうしたらいい?

238,TOP

A.ミネラル豊富なメディカルハーブ
モリンガ

\例えばこんな食べ方/
モリンガは、インドや東南アジアなど暖かい地域で育つ樹木。化粧品成分としても注目を集めている。日本で一般的に手に入るのは、葉を乾燥させてパウダーにしたもの。粉末青汁感覚で、スムージーやヨーグルトに。豆乳に混ぜても。クセは少ないが、ほんのりスパイシー。

B.便秘や肌あれしやすい人に
チアシード

\例えばこんな食べ方/
種の中心部には、体に良いオメガ3のアブラ・α-リノレン酸を含有。水につけると種の周りの食物繊維がゼリー状に膨らみ、ぷるぷるとした食感に。タピオカ感覚で、ヨーグルトやジュースに混ぜるアレンジが一般的。

C.低糖質で高たんぱく
キヌア

\例えばこんな食べ方/
浸水の必要がなく、袋から出してゆでるだけの手軽な雑穀。サラダにトッピングすれば、1プレートでたんぱく質やミネラルもとれ、おなかもちUP。味にクセがないので、和にも洋にもエスニックにも、どんなアレンジにも合う。

 

食べる美容1

キヌアはひと袋を一気にゆでて冷凍保存。パラパラだから使う分だけ取り出せる
粒が細かくパラパラしていて、冷凍しても扱いやすいのがキヌアのメリット。一気にゆでて、下ごしらえの手間を簡略化するのがおすすめ。パラパラの食感を生かして〝主食のごはん〟扱いにすれば、たくさん食べられる。

〈キヌアの基本的なゆで方〉
キヌア1カップに対し水2カップを加えて強火にかけ、沸騰したら弱火で水気がなくなるまで煮る(約10〜15分)。火を止め、約10分蒸らしたら完成。

 

リゾットにアレンジ
お米と比べ軽やかな食感のキヌアには、ヘルシーな豆乳のコクがマッチ。

リゾット5DM38484--1

〈作り方〉
【豆乳リゾット】
油(できればにんにくと玉ねぎで香りを出したもの)で鶏肉とパプリカを炒めてから、キヌア1カップ、水と豆乳を1カップずつ、コンソメ小さじ2の割合で加え、水気が少なくなるまで煮詰める。仕上げに枝豆を入れ、塩・こしょうで味を調える。

 

カレーにアレンジ

238,かれー

タイ米やインド米など、パラパラとしたお米の代替として使えるキヌア。エスニックなカレーによく合う。パエリアやチャーハンなどにしても美味。

 

食べる美容2

チアシードは3日分を水でふやかす。夕食のスープにも投入
チアシードは乾いたままだと腸で吸収されにくいので、ひと晩水でふやかして。冷蔵庫なら数日はもつので、1カップを3日で食べ切るイメージで準備。モズクのようなとろみ食材のひとつと考えて、スープの具にしたり、和えものに混ぜたりすると食べやすい。

 

スープの具に

23,スープ

モズクやこんにゃく感覚で、とろみ&かさ増しアイテムとして活用。スープに入れたり、ワカメの酢のものに混ぜたり、納豆に加えたり。クセがないので、意外と料理の味を邪魔しない。

 

食べる美容3

モリンガは〝わさび青ノリ〟感覚で料理に取り入れる
モリンガのピリリとした風味は、わさびに似ていて実は日本人好み。ごはんにパスタに、ふりかけ感覚で取り入れて。カルパッチョ風に刺身と和えたり、アボカドサラダに加えたり…わさびが合う食材には大抵合います。

239,.

〈作り方〉
A.【おにぎり】
ごはん1膳に約小さじ1/2のモリンガと塩少量を混ぜて握る。

B.【海の幸パスタ〈シラス〉】
にんにくと唐辛子をオリーブオイルで熱して香りを出したフライパンに、2人分のスパゲッティ(180g)と、スパゲッティのゆで汁100ccを加え、塩・こしょうで味つけ。仕上げに小さじ1杯のモリンガを混ぜ合わせる。お皿に盛って、シラスと青ねぎをのせる。

C.【フリット】
小麦粉130g、塩小さじ2、モリンガ小さじ1に炭酸水(もしくはビール)を混ぜてころもを作る。野菜や海鮮などに絡めて170℃の油で揚げる。

 

さらにさまざまなスーパーフードを手軽に取り入れるには?

食べる美容4

そのままつまめるナッツやベリーをおやつに
スーパーフードというと粉や粒のものが多いけれど、ナッツやベリーなら、そのまま食べられて手軽。塩や砂糖で調味されていないプレーンなものを。ただしナッツ類は脂肪分が多いので、食べすぎには注意。

240,4

1.万直商店 ひとくちグラノーラ〈スーパーフード〉 70g ¥450(成城石井)
2.ゴジベリー、ゴールデンベリー、カシューのミックス。
アリエルトレーディング サンフード ベリーアドベンチャー 57g ¥925
3.クルミ、カシュー、アーモンドを絞ったミルク。
フルッタフルッタ オメガミルク 無糖 125g ¥198
4.ワインにも合う味。
アムリターラ ゴジ・カカオニブ ミックス 85g ¥1,190

 

食べる美容5

磯風味が強いスピルリナはヒジキに混ぜると食べやすい
スーパーフードが話題となり始めたときに大流行した「スピルリナ」(海藻)。ジュースに混ぜると磯風味で、飲み続けられなかった人も多いのでは? 実は、同じ水産仲間・ヒジキと混ぜると美味。煮もので試してみて。

 

食べる美容6

生のスーパーフード注目は「ブロッコリースプラウト」
野菜の中でもブロッコリーやパプリカ、アボカド、ケールは、「スーパーフード」と呼べる程、栄養価が高いもの。特にブロッコリーの新芽は、抗酸化成分が多いといわれています。スーパーで手に入れやすいのも◎。

\こんな野菜もスーパーフード/
240,6

A.アボカド
B.トマト
C.ブロッコリー
D.パプリカ
E.ブロッコリースーパースプラウト
F.ケール

 

食べる美容7

流行のココナッツオイルはホイップコーヒーがおすすめです
ココナッツオイルをコーヒーに入れてホイップすると、クリーミーに白濁したフレーバーコーヒーに。ココナッツの甘い風味でおいしい上、オイルが乳化されることで消化されやすくなるというメリットも。

240,7

200ccのコーヒーに、ココナッツオイル大さじ1の量が目安。電動ホイッパーは100円ショップでも手に入る。

 

\アイスコーヒー派に/
240,7,1

固まりやすい脂肪酸を除去し、0℃まで固まらない工夫がされたオイル。ココウェル リキッドココナッツオイル 280g ¥2,400

 

ミルクやチャンク… オイル以外のココナッツにも注目

240,7,3

1.ブラウンシュガーファースト Cocofina有機ココナッツバター 335g ¥1,380
2.そのまま食べられるスナック。
ブラウンシュガーファースト ココナッツチャンク 40g ¥380
3.ココナッツの繊維分をパウダーに。ヨーグルトに混ぜたり、パンケーキの生地作りに。
ココウェル ココナッツファイバー 250g ¥950
4.ココナッツミルク&ウォーター。牛乳感覚で使える。
アスプルンド ミルキーココ ココナッツドリンク 270ml ¥195

 

 

教えてくれたのは…

アンチエイジングアドバイザー
藤沢セリカさん
料理研究家。ハーブコーディネーター。特にハワイアン料理に精通し、アサイーやココナッツを使ったレシピをいち早く日本に紹介。新鮮なモリンガを求め、現地の畑まで訪れることも。

 

 

【P.225 ~ 227】撮影/砂原 文 ヘア/ HIROKI 静物スタイリスト/大島有華 メニュー考案&料理作成/早坂香須子 料理作成協力/中村史恵 【P.228 ~ 229】撮影/平本泰淳 ヘア&メーク/遠田まゆ美 スタイリスト/水原雪葉 メニュー考案&料理作成/和田明日香 【P.230 ~ 231】撮影/ sono(bean) スタイリスト/西崎弥沙 フードコーディネート/渡辺ゆき
【P.232 ~ 233】撮影/島村 緑 メニュー考案&フードコーティネート/池田清子 【P.234 ~ 237】撮影/鈴木希代江(人物)、sono(静物) ヘア&メーク/相馬久美子(blast) 静物スタイリスト/西崎弥沙 フードコーディネート/渡辺ゆき 【P.238 ~ 240】撮影/塚田 琢(サウスポイント) メニュー考案&調理/藤沢セリカ (サウスポイント) スタイリスト/成田すず江(サウスポイント)デザイン/ ohmae-d 撮影協力/ UTUWA、AWABEES 構成/もりたじゅんこ、越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事