宇垣美里のメイクの旅
2022.9.21

“夢かわな世界観”に浸る! THREEの限定シャドウで作るピンクメタリックアイ|宇垣美里のメイクの旅 vol.16

\"\"

私たちはメイクでどこにだって行けるし、なんにだってなれる!宇垣美里さん連載第16弾。あっという間にやってきました! 毎度宇垣さん悶絶の新色シーズン。この秋はメタリックなピンクを使った新しいイメージに。さて、今月の宇垣さんの本気買いアイテムは…?

不思議の国のアリスのヤングオイスターみたいな。“夢かわな世界観”にしばし浸る

202210gp24-2

メタリックなピンクで甘いけれど芯を感じる眼差しに

今日も今までとひと味違ったイメージで、またまた新しい自分を発見しました。毎号数え切れないくらい変身しているのに…。まだまだ見たことのない自分って出てくるんですね。確かにメイクの色も質感も無限だし、メイクさんも毎回違うわけで、この連載も無限にできそうですね♪

初めましての福岡さんは、ほんわかとしたムードが魅力的な方。メイクもそのご本人のイメージに近いような、一言で言うと“夢かわな世界観”だなと。衣装に引っ張られているところもあるかもですが。

目を引いたのは、ピンクのアイシャドウ。ピンクは普段から使いますが、自分で選ぶのはもっぱら肌なじみのいい色味なので、今日みたいなメタリックで、いい意味で肌から浮くような色が新鮮でした。その質感と相まって、バーチャルみがあるというか。不思議の国のアリスのヤングオイスターを連想しました(笑)。現実離れした感じが“夢かわな世界観”だなと。

でも福岡さんのメイクのすごいところは、かわいいや甘いだけで終わらないところ。色や質感、その使い方の妙で、かわいいの奥にしっかりとした芯を感じました。さらに、抜群に今っぽい! それはなぜだろうと、自分なりに分析すると、まつげや眉毛に白みのある色をのせているからだと気づきました。個人的にも気になっていたけれど、いまいち使い方がわからなかった白みカラー、こう使うといいんですね! メモメモ♪

202210gp24-3

202210gp24-4

今月のゲスト|メイクアップアーティスト 福岡玲衣さん

202210gp24-5
\肌がキレイそうと思っていたけれど…本当に美肌!!/
繊細な色使いや時代の空気を取り込むメイクに定評がある。写真とメイクを融合したプロジェクト「写粧花」やスキンケア「ceiro」のプロデュースなど、その活動は多岐にわたる。

from Rei
誌面からも伝わってきていた美肌感。本物はさらに美肌でした♪ パーツが全部かわいらしいから、色やテイストを選ばず、どんなメイクも似合うと思いますが、今日はあえてそのかわいらしさを素直に生かすピンクのメイクを。ただ甘いだけにならないように、メタリックなピンクをまぶたに広く入れて、陰影を強調したのがポイント。こうすると凜としたムードに。

使用アイテム

202210gp24-6
A.ピンク×パープル×ベージュ。
THREE ディメンショナルビジョンアイパレット X02 ¥7,150(限定品) 

ディメンショナル ビジョンアイパレットの詳細・購入はこちら

202210gp24-10
B.パーリィなカーキ。
ゲラン クレヨン ユー 05 ¥3,850 

クレヨン ユーの詳細・購入はこちら

202210gp24-8
C.ラベンダーグレージュ。
ジルスチュアート ブルーミングラッシュ ニュアンスカーラー サンセットプロムナード 08 ¥3,300(限定)

ブルーミングラッシュ ニュアンスカーラー サンセットプロムナードの詳細・購入はこちら

202210gp24-9
D.ミルキーなピンクブラウン。
セザンヌ化粧品 セザンヌ 極細アイブロウマスカラ C1 ¥528 

極細アイブロウマスカラの詳細はこちら

202210gp24-7
E.肌なじみのいいコーラル。
ローラ メルシエ ティンティドモイスチャライザー ブラッシュ CR1 ¥3,410 

ティンティド モイスチャライザー ブラッシュの詳細はこちら

202210gp24-13
F.偏光パールがきらめくモーヴのマルチカラー。
カネボウインターナショナル Div. KANEBO ポップタップジェリー EX2 ¥3,300(限定)

ポップタップジェリーの詳細はこちら  

202210gp24-11
G.ふんわり発色するヌーディなピンクベージュ。
NARS ソフトマット ティンティッドリップバーム 00361 ¥3,630

ソフトマット ティンティッド リップバームの詳細・購入はこちら  

202210gp24-12
H.フロスティなピンクパール。
アナ スイ ネイルカラー 029 ¥1,980(限定)

ネイルカラーの詳細・購入はこちら

メイク方法

Aの右上をまぶたに広めに入れる。眉下すぐから、左右幅もワイドに。同じく右上を下まぶた全体に。続いてAの左上を二重幅全体と下まぶたの中央にオン。ピンクの目元をさりげなく引き締めます。Bのライナーはまつげ際に。Cのマスカラは下まつげにたっぷりと。逆に上まつげは毛先のみに。Dを眉毛全体に。Eは、頬の高い位置から外側へ向かってオン。Fは、鼻先と頬の内側高めの位置に。Gはラフさを意識して気持ちオーバーめに塗る。

 

PROFILE
宇垣美里さん
うがきみさと/1991年生まれ兵庫県出身。フリーアナウンサーとして、テレビや雑誌などに多数出演。8月からは新しくMCを務める番組『この恋イタすぎました』がスタート!

 

『美的』2022年10月号掲載
撮影/ISAC(SIGNO・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) スタイリスト/辻村真理 構成/杉浦由佳子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事