メイクアップニュース
2020.10.30

H&M中山友恵さん「キャンメイクのミルクティカラーチークで大人の血色感をプラス」| #プロもやっぱりプチプラ好き vol.23

\"\"

毎週、美のプロに手軽に“旬”を手に入れられる、優秀プチプラコスメを提案してもらう、この連載。 「最近、顔がアップデートできていない」「なんでだか、イマイチあか抜けない…」と感じるなら、まずはどこか1か所“旬”のアイテムを取り入れてみて。 ほんの少し顔が変わることで、旬の服がグッと似合うようになったり、新たな顔の自分に出会えたり…。いつもと違うアイテムを使ってみることで、若かりし頃に感じたような“コスメの魔法”による、ワクワク感を再び感じることができるはず!

第23回目の美のプロは…ヘア&メイクアップアーティスト・中山友恵さん

pastedgraphic-4%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ヘア&メイクアップアーティスト・中山友恵さん

大人の血色感出しにぴったり! キャンメイクの『クリームチーク 19』

%ef%bd%b8%ef%be%98%ef%bd%b0%ef%be%91%ef%be%81%ef%bd%b0%ef%bd%b819

キャンメイク クリームチーク 19  ¥580

ヌケ感を出せるミルクティーのようなベージュカラーのクリームチーク。夏の限定色でしたが、好評により定番化。ラメやパールは無配合。ほんのりと血色感が与えられるから、かわいらしい雰囲気もナチュラルも自由自在。 シェーディング風に使えば、 小顔効果も。特殊なストレッチゲルに、肌と相性の良いエモリエント成分を配合。

 

ヌケ感のある旬顔に仕上げる、大人めカラー

「大人の肌を明るくするのにぴったりのミルクティカラー。ちょっとした甘さが出たり、血色をもたらすのにちょうどいい色味。肌から浮かず、抜け感のある顔に仕上げてくれます。秋冬のメイクは、こっくりとした色味が多いので、相性抜群。メイクで旬を出したいなら、チークも甘すぎない、大人っぽい色味を選ぶのがおすすめです」(中山さん)

ほんのり薄くのせるのが今っぽい!

「頬の内側に薄く伸ばして使うのがイチオシ。なめらかなジェルでありながら、肌に伸ばすとサラサラに変化する処方なので、つけ心地も快適! 肌も乾燥しないので、これからの時期にも打ってつけです。つけすぎないほうが、自然なかわいらしさが出て、今っぽい仕上がりになります」(中山さん)

 

【プロフィール】
今回、紹介してくれたのはこの方!

◆ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん

抜け感があり、ノスタルジックでガーリーなヘアメイクを得意とする。美的では、トレンド感と好感度を両立させたメイクが大人気。タレント・女優・アーティストのヘアメイクを数多く手がけ、雑誌・広告・TVなどで活躍中。インスタグラム( @tomoe___nakayama)では、中山さんが手掛けたメイクの数々がチェックできる。

 

構成/むらなかさちこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事