メイクHOW TO
2021.12.5

冬の定番「白ニット」に合うのはどんなメイク?上品な眼差しをプラス!

\"\"

1着は持っておきたい定番の白ニットに合うアイメイクは、“透けラベンダー”。甘さを引き算してシックな印象に♪

白のローゲージニット×透けラベンダーアイメイク

Notピンクで甘さをちょっぴり引き算!

cut5_014
ざっくりとした編み目の白ニットは、1着はもっておきたい私たちの定番。メイクもピュアな感じでコーディネートしたくなるけれど…。

「ピンクを合わせると甘くなりすぎてしまうので、アイシャドウはラベンダーでシックに。イノセントな雰囲気は失わず、上品な眼差しに仕上がります」(ヘア&メイク笹本さん)

 

使用アイテム

img_0054
繊細なきらめきが印象的。
アディクション コンパクト アディクション “エターナル イン ピンク”101 ¥8,580(限定品)

コンパクトアディクション エターナル イン ピンクの詳細はこちら

img_0076
A.頬骨の高い位置に指でトントンと丸く入れて。
クレ・ド・ポー ボーテ ブラッシュクレーム 202 ¥4,950(限定品)

ブラッシュクレームの詳細・購入はこちら

img_0059
B.ぷっくりと仕上がり、落ちにくいティントタイプ。
エテュセ リップエディション(プランパールージュ)ウォームスタイル 02 ¥1,760(限定品)

リップエディション (プランパールージュ) ウォームスタイルの詳細はこちら

 

メイク方法

cut5_080
aを目頭側たっぷりめにアイホールにのせ、bを下まぶた全体に。マスカラとアイライナーはあえて使わず、透明感をキープして。

a

cut5_088

ヘア&メイクアップアーティスト

笹本恭平さん

ほっこり見えがちなニットこそ、ヘア&メイクが超重要です!

ニットはその素材感ゆえ、ともすると“素朴、ナチュラル”な印象に見えてしまいがち。だからこそ、あか抜け感を出すカギはヘア&メイクにあるんです。全体的にメイク感はいつもよりややしっかり出し、それぞれのニットの特性を理解して甘辛バランスを調整すると、ぐっと洗練されて見えます。

 

『美的』2022年1月号掲載
撮影/柴田フミコ(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/石関靖子 モデル/森 絵梨佳 構成/安井千恵

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事