メイクHOW TO
2021.10.17

媚びない森 絵梨佳|ポイントは目頭側が濃いグラデーション! 色選びのポイントは?

\"\"

メイクするたびに楽しく、美しく、カラフルにガラリと印象を変えることができる秋新色。森絵梨佳さんとともにワクワクを味わい、メイク欲を満たしましょう。

媚びない森 絵梨佳|今気になるのは“モーヴ×サンドカラー”。時にはべーシックに頼らない色遊びを

202110gp88-16
たったこれだけのアイテムでこのしゃれ感! 配色センスが光るメイクの狙いは?

「べーシックカラーを封印しつつ、攻めすぎないモード感にこだわりました。赤みのない色の組み合わせは手っとり早くしゃれておすすめです。また、寒色シャドウは目尻側を濃くするとコンサバになりがちなので、目頭側が濃いグラデーションにしているのもポイント!」(白水さん)

202110gp88-28
A. ミステリアスにきらめくモーヴ。ラインとしてはもちろん、乾く前になじませればアイカラーとしても。
エレガンス クルーズ アイライナー&カラー LV01 ¥2,530
アイライナー & カラーの詳細はこちら

B. 日没後の澄んだ秋空をイメージしたモーヴ。
リンメル プリズム パウダーアイカラー 038 ¥880
プリズム パウダー アイカラーの詳細はこちら

C. クリーミーマットなサンドイエロー。
THREE デアリングリィディスティンクトリップスティック 13 ¥4,290
デアリングリィディスティンクト リップスティックの詳細・購入はこちら

メイク方法

202110gp88-17
Bのアイシャドウをアイホールにのばしたら、目頭側に再度重ねて彫り深に。Aのラインを目尻側だけに引いて横顔をキリッと引き締める。最後に、Cのリップを輪郭よりもややオーバー気味にじか塗りして。

ヘア&メイク

白水真佑子さん


『美的』2021年11月号掲載
撮影/藤井由依(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/柾木愛乃 モデル/森 絵梨佳 構成/野澤早織

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事