メイクHOW TO
2021.5.13

【最新マスクメイク】いつものブラウンメイクにピンクをプラスして立体的な目元に変身♪

マスクの日のメイクを試行錯誤して早1年。多くの人が気付いたのは、マスクの日にこそ“ときめき”と“自信”が大事だということ。気持ちを上げるメイクアイディア、そして、「一日キレイ」と断言できるワザの数々。美容賢者推薦の“落ちないコスメ”一覧も…どんな日でも美容は楽し♪こなれて見せて、マスク蒸気やこすれにも負けない!目元だけでセンスの良さが漂う…そんなwithマスクメイクの新レシピをご紹介します!

いつものブラウンメイクにピンク仕込み&縦割りグラデで変化球な立体感!

202106gp100-1
ブラウンの奥にピンクの気配を感じる独特なニュアンスで、ベーシックなメイクに差をつけて。ブラウンシャドウは左右で色を替える縦割りグラデにすると、顔の向きで印象が変化し2度おいしい仕上がりに♪

マスクすると…正面と横でメイクのニュアンスが変わる!

202106gp100-2

使用アイテム

202106gp100-5
A.ゴールドパールが瞬くオリーブブラウン。
RMK ソフトメタリック アイペンシル02 ¥3,080(限定品)

B.色味・質感の異なるニュアンスブラウンを配色。
シャネル レ ベージュ パレット ルガール インテンス ¥8,250(5月21日発売)

C.高発色のローズピンク。摩擦にも強い高密着!
アンプリチュード コンスピキュアス リキッドアイズ 08 ¥4,180(5月19日発売)

アディクション ザ ブラッシュ アンポリッシュジェム 102 ¥3,630(5月21日限定発売)

RMK リップスティック コンフォート エアリーシャイン EX-01 ¥3,850(限定品)

アディクション ザ ネイルポリッシュ L102C ¥1,980(5月21日限定品)

 

メイク方法

202106gp100-4
Cをアイシャドウブラシで上下まぶたに。上はキワを避けて塗ると、よりさりげない印象に。

202106gp100-3
B-aを上まぶたの目頭側に、bを目尻側にのせる。Aで上まぶたのキワ全体にラインを引く。

202106gp100-6
下まぶた全体にB-cを引く。パレットを多色使いしてもまとまるのは、ピンクを仕込んだおかげ。

 

『美的』2021年6月号掲載
撮影/花村克彦(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/吉崎沙世子(io) スタイリスト/小川未久 モデル/上西星来 構成/野澤早織、齋藤美伽

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事