メイクHOW TO
2020.11.16

【ほてり赤みメイク】透け感モーヴのチーク&リップで+1℃|じゅわっとにじませ「温感メイク」

空気の冷たさや乾燥が気になるとともに、顔の血色感も損なわれる季節。そんなときにこそメイクで温かみをプラスしてみませんか?“あったか色”で見た目の体温を上げていこ♪

ほてり温感メイク
透け感モーヴのチーク&リップでさりげな上気の+1℃。

20200923_biteki330517

ブラウンやパープルのニュアンスをまとった深めのモーヴ色が肌の透明感を引き立て、まるで寒い中、内側のぬくもりでほてったようなメイク。目元、頬、唇にわき上がる控えめな赤みを差して、にじみ出る生命力を感じさせて。

 

使用アイテム

img_0005
A スエードのような質感のベージュと赤みモーヴパールのコンビ。
カネボウインターナショナルDiv. カネボウ アイカラーデュオ 14 ¥2,300

アイカラーデュオの詳細・購入はこちら

B なめらかマットなモーヴ。
シュウ ウエムラ フェイス カラー M 283 ¥3,300、専用ケース ¥770

フェイス カラーの詳細・購入はこちら

C ブラウンとパープルのニュアンスが入ったグロス。
トーン ペタル エッセンス カラー バター 08 ¥2,500

ペタル エッセンス カラー バターの詳細はこちら

 

How to make up

20200923_biteki330548
(1)アイホールにA-bのベージュをのせる。

(2)目尻1/5のみにA-aのモーヴでシャドウラインを長めに引く。

(3)下の目頭1/4のインサイドにもA-aでラインを。

(4)チークはBで頬骨に沿って耳前まで斜めに入れ、下に広くのばしピュアな子供のようなほてり感を。

(5)リップはCをオーバーリップ気味に。上唇の山をハート形にすると色っぽく。

 

『美的』2020年12月号掲載
撮影/花盛友里(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/高垣鮎美(LOVABLE) モデル/伊原 葵 構成/中尾のぞみ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事