メイクHOW TO
2020.9.26

高岡早紀さん×河北裕介さん|大人の血色は、張り切りすぎないコーラルとベージュブラウンでヘルシーに【美的GRAND】

今、求められるのは“メイクが美しい”ではなく“その人自身が美しい”、そんな顔。肌、顔つき、そして骨格までもが美しく映えるメイクをご紹介します。
202010gtaka-5

チーク&リップで仕込む
“大人の血色は、張り切りすぎないコーラルとベージュブラウンでヘルシーに”

202010gtaka-23

必要なのは“赤み”ではなく“肌なじみ”と艶感

もとからその人自身の血色であるかのようなチーク&リップの極意は、色選びはもちろん繊細な艶感も大きなカギに。
「マットな質感だとどうしても色が主張しやすくなってしまうので、溶け込みメイクに適しているのは艶発色タイプ。チークもクリームテクスチャーのものなら、じんわりとにじんだようなニュアンスが簡単にかなえられます」(ヘア&メイクアップアーティスト 河北裕介さん)
色のチョイスで大切なのは、甘さや女っぽさではなく、どこか親しみやすさのある柔らかなヘルシー感。またチークは気配程度のシアー発色でも、リップはそれよりトーンが濃いめの色でさりげなく引き締めることが顔をぼんやりと見せないポイント。
「コーラルチークやベージュブラウンリップはわかりやすいザ・血色ではないけれど、それがいいんです。コントラストが強く出ず、肌になじむ色の方がその人自身の美しさにつながりますから」

202010gtaka-6

仕込みチーク:肌に溶け込むコーラルのクリームチーク

202010gtaka-17
弾力のあるユニークなテクスチャー。時間がたってもくすまず、つけたての美発色が持続。
コスメデコルテ クリーム ブラッシュ OR250 ¥3,500

How to Make-up
指かスポンジにとり、甘くならないよう逆3角形のシルエットでトントンとなじませて。エッジをしっかりとぼかすのもコツ。

仕込みリップ:自然な艶のベージュブラウンリップ

202010gtaka-18
クレヨンタイプなので口角や唇の山なども描きやすく、植物オイルが乾燥しやすい唇もケア。
Clue &be クレヨン リップ ナッツブラウン ¥2,500

How to Make-up
最初に輪郭をきちんと描いてから、内側を塗りつぶして。また輪郭は上下唇とも1mmオーバーに描いて自然にふっくらと。

 

これもおすすめ

202010gtaka-19
アイホールよりやや広めの位置に。クリーム状でぴたりとフィット。
Clue &be クリームアイシャドウ ブロンズオレンジ ¥2,000

 

202010gtaka-4

Profile
高岡早紀さん
女優・歌手。1972年生まれ。’88 年にデビュー後、多くのドラマや映画、舞台で活躍。10月から世田谷パブリックシアターにて舞台『エレファント・マン』に出演。7インチシングルレコード『Sunny』が発売中。

ヘア&メイクアップアーティスト

河北裕介さん


 

美的10月号掲載
撮影/中村和孝(まきうらオフィス/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/杉本学子(WHITNEY) 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事