メイクHOW TO
2020.6.28

ファーストサマーウイカさんが『美的』初登場! ローラ メルシエの粘膜グロスで“即美人メイク”にトライ♪

好きな色を“ぐりぐり塗って”即かわいい! 即美人! 即おしゃれ! がかなうのはやっぱりリップ。塗るだけで気持ちがアガる、初夏にぴったりなリップを今大人気のファーストサマーウイカさんと体験してきました♪ 今回は粘膜ピンクで作るナチュラルメイクをご紹介します。

限りなく素に近いヌーディな仕上がりが新鮮! 粘膜ピンクでネオナチュラルメイク

200513-0436
赤ちゃんを思わせるピュアなピンクは、まるで自分の唇そのものがキレイになったような仕上がりで、塗るだけで純粋に気持ちがアガる色。地味なようで意外と存在感があり、ベーシックなようでちゃんと今っぽいのは、ウブさと真逆のセクシーさを併せもつ、粘膜系ピンクカラーだからこそ!

200513-0511
“これ、唇本来の力が倍増してません!?ナチュラルカラーって侮れない!”

「『美的』さんはよく拝見しているので、今日は楽しみに来ました。普段TVなどの仕事はほぼ自分メイクなので、スキルもそこそこ自信はあったのですが…今日は林先生のメイク術に感激致しました! 引き算の魔法ですね。私のメイクはこの100倍くらい濃いので(笑)。ピンクリップもよく塗りますが、基本“ネオン街を唇にまとう”レベルの派手色。とりあえずギラギラしたくってラメっちゃいます。自分的にはこういうプレーンでナチュラルな色の方が実は難しくて、今まであえて避けていました。でも今日こうして、本来の唇の力が倍増して見えることを発見。肩の力が抜けた大人の女性って感じで素敵すぎます!」

200513-0465

 

使用アイテム

img_0002
わずかに黄みを帯びたシアーピンクは肌をキレイに見せつつ透明感も高めてくれる。
ローラ メルシエ リップグラッセ ハイビスカス 2017 ¥2,600(限定品)

202008g36-1
左上をアイホールに、右上を二重幅、左下を目の際に。
NARS オーガズムX クワッドアイシャドー 5065 ¥5,800(8月28日発売)

img_0004
チークはあえて青みピンクで、色味をハズして。
アンプリチュード コンスピキュアス クリームチークス 06 ¥4,000

 

メイク方法

200513-0491
ローラ メルシエのグロスをたっぷりのせます。少しだけ輪郭をオーバーにすると、女らしさが際立って唇の魅力が倍増。ナチュラルな色味は唇のコンディションが大事なので、事前のケアもしっかりと。

 

『美的』8月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/林 由香里(R01) スタイリスト/平田雅子 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事