メイクHOW TO
2019.11.15

ブラウンのワントーンメイクで「なんかお洒落!」な仕上がりに|林 由香里メイクの極意3

さり気なくおしゃれ感をプラスするバランス感覚とセンスが大評判の、ヘア&メイクアップアーティスト林 由香里さん。シンプルなのにおしゃれムードまで加速する、そのテクニックを公開します!
改めまして、林 由香里さんとは?

「今っぽい『色合わせ』は、ワントーンか、あえてハズすか」by林 由香里

cut04_0025
洋服のコーディネートでも色のバランスが大事なように、実はメイクもパーツ同士の色の合わせ次第で、おしゃれな印象は簡単に作れます。林的に間違いない鉄板の組み合わせは、ワントーンでそろえるか、どこか1か所色をハズすかの2パターン。色合わせが決まったら、次はどのパーツにポイントを置くか決め、メインのパーツからメイクを組み立てていく。そうすると盛りすぎや抜きすぎてしまうといった失敗を回避できます。

ワントーンなら質感と色みにメリハリを!

%e3%81%aa%e3%81%97
これ見よがしじゃないのになんかしゃれてる!な仕上がりを狙いたいときは、迷わずワントーンメイクを。パーツごとに質感や色みを微妙に変えると、同系色の中にもメリハリが生まれ、奥行きのある表情に。使う色を極力抑えた潔さは、こなれ感にもつながります。

cut04_0197

使用コスメ

EYE キラ ブラウン
img_0061
A パールリッチなニュートラルブラウン。
エトヴォス ミネラルクラッシィシャドー スキニーベージュ ¥4,000(限定)

CHEEK マット ブラウン
img_0064
B ノンパールのマットな質感。ヘルシーな黄みが強めのオレンジブラウン。
THREE チーキーシークブラッシュ 20 ¥3,000

LIP ツヤ ブラウン
img_2014
C うるっとした質感。
イヴ・サンローラン・ボーテ ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステイン 610 ¥4,300

OTHER ITEM
img_0046
D 目元にヌケ感が生まれる赤みブラウン。
エレガンス クルーズ カラーフラッシュ マスカラ BR01 ¥2,800

メイク方法

cut04_0025
メインポイントはパールのきらめきで魅せる目元。Aの左上をアイホール、右上を二重幅と下まぶたの目尻2/3に入れたら、仕上げにDのマスカラを。チークは、Bを頬の内側にハの字に入れてほんのりかわいく。リップはみずみずしいツヤのCを全体にオン。

 

教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップ アーティスト 林 由香里
1985年生まれ。長野県出身。 中学生の頃から化粧に興味をもち、メイクをし始める。高校1年生でメイクアップアーティストになることを決意。日本美容専門学校を卒業後、美容師として3年半サロンに勤務。その後 ヘア&メイクのアシスタントを経て、11年に独立。

 

美的12月号掲載
撮影/横山創大(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/辻村真理 モデル/唐田えりか 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事