メイクHOW TO
2019.3.16

RMK、エトヴォス、DAZZSHOP…微粒子のプレストパウダーのポイント使いでメイクくずれ防止!

微粒子のプレストパウダーを使えば朝のメイクしたての肌がキープできるかも。おすすめアイテムとくずれさせないメイク方法を人気ヘア&メイクアップアーティストのpaku☆chanさんに教えてもらいました。

使用&おすすめアイテム

p138-15
a.キメ細かな肌に。
DAZZSHOP リニューイングフェイスパウダー ¥5,000

b.柔らかで弾力のある球状パウダーを配合、しっとりとした質感の肌に。
RMK シルクフィット フェイスパウダー 全3色 ¥5,000

c.皮脂吸着パウダーが、仕上げた肌の質感をそのままにキープ。高い紫外線カット効果も、これからの時期にうれしい。【モデル使用】
エトヴォス ミネラルUVベール SPF45・PA+++ ¥3,500(限定発売)

微粒子のプレストパウダーをパフで狙って押さえる

ルースパウダーよりも粒子の細かいプレストタイプを、マットになりすぎないように全顔ではなく、おでこや、小鼻にのみ、パフを使ってピンポイントで押さえます。

メイク方法

p138-10
(1)気になる部分を押さえるように
ふんわりとパウダーがのるブラシよりも、肌をフィックスさせるためにパフを使用。面積の広いおでこから。

p138-11
(2)パフを折り畳みフィットさせる
小鼻など凹凸のある部分は、パフを折り畳んでパウダーをフィットさせることで、格段にもちがアップ。

 

教えてくれたのは…
201904gbijinbaepaku%e2%98%86chan2
ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん

積極的に新作を試して今の肌に向き合って!
「この春の新作は、カバー力があるのに自然に仕上がるものが多数。アイテムに頼ったり、丁寧に作るだけで肌の見え方が変わります」

 

『美的』4月号掲載
撮影/当瀬真衣(TRIVAL・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 構成/山本 恵(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事