美的モデルズをはじめ豪華メンバーからお祝いメッセージが到着!

おかげさまで『美的』は創刊15周年を迎えました。これも、いつもご愛読いただいている読者の皆様のおかげです。心よりありがとうございます。今回は美的モデルズをはじめ豪華メンバーから届いたお祝いメッセージをご紹介します!

美的モデルズをはじめ豪華メンバーからお祝いメッセージが到着!

美的 表紙

2016年春、『美的』は創刊15周年を迎えます!

おかげさまで『美的』は創刊15周年を迎えました。これも、いつもご愛読いただいている読者の皆様のおかげです。心よりありがとうございます。

創刊当時から、「肌・心・体のキレイは自分で磨く」をスローガンに、外側からも内側からもキレイになるための美容情報を発信し続けて、今、7年連続「美容誌実売No.1」を独走しています。

『美的』はこれからも、外から内から「ナチュラルキレイ」になりたい女性たちに向けて、今日買ってすぐに使える情報をお届けしていきます。たとえ、美容の知識に不安があっても、美容のテクニックに自信がなくても、美容が好き! キレイになりたい! という気持ちがある皆様全員に寄り添って、わかりやすくて、やる気になる『美的』を作り続けていきたいと思っています。

今月号の大特集『これさえ読めば美人の極み』は、まさにその思いを結集した特集です。自分に必要な旬の美容がすぐにわかって、簡単にキレイになれる──そんな頼れる1冊を目指していきたいと思っています。

また、『美的』は、皆様にできるだけ多くの美容体験をしていただきたいと考えています。コスメのサンプルを試したり、プロにメークをしてもらったり、憧れの美容家さんのセミナーを受講したり…「キレイになる」体験を皆様に提供するべく、スペシャルな企画をたくさん計画中です!

読んで、体験して、ますますキレイになる!そんな有意義な日々を、これからも『美的』と一緒に過ごしていきませんか?

『美的』編集長
兵庫 真帆子

美的 表紙

『美的』を盛り上げる素敵なメンバーからメッセージが届きました

森 絵梨佳さん

シンプルで本質的な美を追求する『美的』が大好き

モデル
梨佳さん

『美的』は私にとってたくさんの〝初めて〟をくれた思い入れのある雑誌なんです。雑誌のカバーに初めて起用されたのも、連載を初めてもたせてもらったのも、全部『美的』。だから、感謝しかありません!『美的』が表現している女性像って、シンプルで本質的な美しさをもつ女性だと思うんです。私自身もそんな女性になりたいと思いつつ、いつも撮影に参加させてもらっています。

森 絵梨佳さん

’16年3月号『絵梨佳ピース』より。カメラマン永瀬沙世さんの世界観が好きで、この連載でご一緒できたときはうれしかった♥ 斬新な構図はさすがで、ハッと目を奪われる1枚になりました。

プロフィール
’10年4月号に初登場。以来、何度もカバーを飾るなど「読者がなりたい顔No.1」モデルとして活躍。連載『絵梨佳ピース』も大好評。

撮影/押尾健太郎 スタイリスト/柾木愛乃

今、ヘア&メークが本当に楽しいなって思います

ヘア&メークアップアーティスト
犬木 さん

長い間、メークはファッションの脇役だったけれど、今は〝トータルでおしゃれ〟が『美的』でも提案されていますよね。この流れ、待ってました(笑)。「アイラインは絶対」「リップはピンクが安心」なんてルールはもはや存在しないし、すっぴんだってひとつのメークとして捉えられる時代。だからこれからも、読者の皆さんが自由にメークを楽しめるお手伝いを続けていけたらと思います。

『美的』のエピソード

’12年9月号表紙より。この号で初めて美容誌の表紙でメークをやらせてもらいました。昔から仲の良かった森絵梨佳ちゃんにとっても初の表紙で、とにかく気合を入れて、やり切った記憶が!

プロフィール
トレンドの空気感を取り入れつつ女性のかわいらしさを引き出すメークで大人気。〝ヌケ感メーク〟といえば犬木さんといわれる程。

撮影/天日恵美子

美容の世界に入る前から愛読していたバイブルです

美容研究家
崎 恵さん

『美的』は素敵なビジュアルで女のコの気持ちをキュンと盛り上げる一方で、実用的な情報もぎっしり載っている。そのバランスの良さが魅力で、昔からずっと読んでいました。なので初めて誌面に出られたときは感激でした。実際、自分も登場させていただくようになり、想像以上のスタッフの皆さんの熱い思いにとても驚きました。今でも撮影に参加する度、毎回、背筋が伸びる思いです。

『美的』のエピソード

’15年3月号『神崎恵39歳 しっとりボディの秘密』より。背中や脚、肌を大胆に露出した企画。女のコがキレイになりたくて読む『美的』ならば、と最初で最後のつもりでオファーを受けました。

プロフィール
「大人かわいい色っぽさ」を体現するならこの人の右に出るものなし。実践しやすい美容テクニックと卓越したセンスは読者の注目の的。

撮影/天日恵美子

キレイになりたい女性を引っ張ってくれる存在!

モデル・女優
中村さん

まずは15周年、おめでとうございます!私自身、メークやヘアアレンジは『美的』をすごく参考にしていて…。化粧品は百貨店で試してから買うのが好きなので、コスメ情報もきっちり読み込んで情報収集をしています。『美的』は常に私たちの1歩先を行く雑誌。キレイになりたい、かわいくなりたい女のコたちの原動力だと思うので、これからもドキドキワクワクさせてほしいです。

『美的』のエピソード

’16年1月号『中村アン風ヘアアレンジにグッとくる!』より。ヘア&メークの木部っちが提案したヘアアレンジがすごく新鮮で。実は自分でまとめ髪にするときはこれをお手本にしています(笑)。

プロフィール
ヘルシー&セクシーなルックスと、飾らないキャラクターで各女性誌に引っ張りだこ。最近ではドラマに出演するなど女優業にも挑戦。

撮影/北田理純

これからも私たちの美の味方でいてください

モデル
さん

ファッション撮影とはポージングも違うので、『美的』の現場は毎回勉強。試行錯誤しながら撮影を楽しんでいます。最初は「こんなに顔がアップになるんだ」とビックリしたことも。昨年はついにカバーもやらせていただきました。ビューティ誌でのカバーを飾るのは初めてだったのですごく心に残る1枚です。これからも、よろしくお願いします!

『美的』のエピソード

’15年12月号の『美的』カバーより。これが私にとってビューティ誌初の表紙。「30代の美容」というこの号のテーマにふさわしい、大人キレイな雰囲気を出せるように集中して頑張りました。

プロフィール
親しみやすいお姉さん的な雰囲気で、ファッション誌に最も多く登場しているモデルのひとり。昨年から『美的』でも大活躍中。

撮影/押尾健太郎 スタイリスト/柾木愛乃

常に読者目線を忘れないのが『美的』の強みです

ビューティディレクター
天野代子さん

ありがたいことに『美的』は7年連続で美容誌実売No.1を達成していますが、創刊当時は模索することの連続でした。『美的』らしさってなんだろう?読者が求めていることに応えられている? そう自問自答しながら誌面を作ってきました。でも、それが今の『美的』につながっているんだと思います。これからもその姿勢を忘れずに頑張っていきたいですね。

『美的』のエピソード

’01年7月号『藤原美智子 恋愛体質を引き寄せる艶感メークアップ』より。創刊1年目、渾身のできだったメーク企画。ここから「愛され顔」というテーマが生まれ、その後の編集の方向性を定めた企画になりました。

プロフィール
『美的』創刊から本誌に携わる、年齢不詳肌の59歳。連載『ズルいコスメ』では、その若さの秘密と美容テクを余すことなく披露。

撮影/田頭拓人

いろんなメークで新しい自分になれるのが楽しいです

モデル
ンアさん

『美的』の撮影はいつもいろんなヘア&メークに挑戦できるから大好き!毎回流行のメークを勉強させてもらっています。ずっと連載をやらせていただいたおかげでますます美容に興味をもつようになり、いつか自分の美容本を出したい…という夢もかなえることができました。私も読者の方々と一緒に、これからも『美的』でキラキラ女子力を高めていきたいです♥

『美的』のエピソード

念願だった初の美容本『90%ヨンア』を出版。コンセプトや構成から考えて、撮影や取材を重ね、約1年かけて完成させました。今の自分のほぼすべてを出し切ったといえる、大切な宝物です。

プロフィール
類まれなる美肌とスタイルで『美的』ほか、数々のファッション誌のカバーを飾るトップモデルとして活躍。

撮影/中村和孝

知性と感性で美を体現できる賢い女性が増えたと感じます

ビューティ エキスパート
博幸さん

最近『美的』読者を見ていて、バランス感覚がいいなと感じています。美容熱心でいてオタクではなく、情報に踊らされるわけでもなく、肌質や様々な事情に合わせてコスメやメークを選ぶ〝賢い眼〟をもっている。『美的』を通して日本の女性の知性と感性が総合的に上がることは、僕としてもとてもうれしいことです! !

『美的』のエピソード

’01年9月号『噂の美容スポット潜入報告記』より。過去生リーディングを初体験。中世ヨーロッパでは僕と父が夫婦で、完結できなかった愛情を全うするために親子として生まれ変わったと聞き、心から納得。一生忘れられないほど感動しました。

プロフィール
高校時代、クラスの女子に初メーク。24歳のとき、日本人として初めてパリコレでメークを担当。最近は映画のコメントも大好評。

〝美の伝道者〟として今後の『美的』にますます期待しています

美容ジャーナリスト
齋藤 さん

かおる女』という連載を創刊当時から続けさせていただいています。中でも思い出深いのは、連載と連動するタイトルで、エストのタイアップを1年間やらせていただいたこと。タイアップでそこまでさせてもらうことはなかなか珍しく、エストと『美的』に、改めて感謝!『美的』が今後ますます大きな存在になっていきますように! !

『美的』のエピソード

’04年6月号エストタイアップ『咲(さく)女』より。咲き誇る花々の写真に、美を大きく捉えたストーリーを絡めた企画。とても印象的なページでした。

プロフィール
女性誌に多数の連載をもつほか、化粧品の開発なども手掛ける美容ジャーナリストの先駆者。本誌連載『齋藤 薫の馨る女 EX』も好評。

30代の私の美容道は『美的』と共に!

美容家
山本奈子さん

美容家として活動を始めてから、今まで登場させてもらった回数がいちばん多い雑誌が『美的』です。その間2回出産し、産後太りの激しい私にダイエット特集を組んでもらったのも今ではいい思い出です。

『美的』のエピソード

’11年7月号『イイ女は「パーツ美白」にぬかりなし!』より。誌面に大きく登場した初企画。撮影中はとにかく必死でした。

プロフィール
コスメやヘアアクセブランドを手掛ける「MNC New York」代表。会社経営の傍ら、豊富な美容知識で美容家としても活躍。

撮影/松原敬子

クリニックの患者さんも読者の方が多いんです

皮膚科医
草野先生

『美的』を読んでくる患者様はまじめな方が多く、編集の方々が長年誠実に取り組んできた誌面を反映しているように思います。私も医師になってちょうど15年。これからも共に歩ませてください。

『美的』のエピソード

’10年9月号『突撃!女医さんの快適、夏の睡眠術!』より。自宅取材はあれど、ベッドルームまで公開したのは初でした。

プロフィール
「松倉HEBE DAIKANYAMA」院長。確かな施術と気さくな人柄で、患者さんからの信頼も厚い美人女医。

撮影/フカヤマノリユキ

今までにない私を引き出してくれて感謝

モデル
野崎さん

『美的』に参加して丸2年くらい。それまでのイメージとは違う新しい私を引き出して可能性を広げてくれたのが『美的』です♥

『美的』のエピソード

’15年3月号『Nextなりたい顔! 野崎萌香フェース』より。まさかこんな特集を組んでもらえるとは! うれしかったです。

プロフィール
メークによって変わる雰囲気や、親近感あふれる笑顔に読者からも圧倒的支持が。自身も超がつく程の美容マニア!

撮影/菊地泰久

15年って実はすごい年月ですよね

イラストレーター
裕美子さん

15年といえば、生まれた赤子が青春真っただ中の中学3年生くらいに。20歳だったあの子が、35歳になる月日。きっといろいろなことがあり、そしてこの先もいろいろあるのでしょう。「『美的』であること」をいつも心に!

『美的』のエピソード

143回続く『脱力道場』より。先日「わぁあああ、まだやってたんですね。懐かしい」と言われゴクリと何かを飲み込みました。

プロフィール
連載『脱力道場』ほか、多くの特集や付録のイラストでおなじみ。ユーモラスな作風と裏腹にかなりの美人(編集部談)。

イラスト/小迎裕美子

『美的』素敵~!

ヘア&メークアップアーティスト
裕介さん

カメラマン
村和孝さん

河北 『美的』の表紙ではコンビで仕事すること多いよね。
中村 ビューティーに関して、考え一緒だからね。
河北 『美的』の仕事で感じるのは、いつも読者目線でそれがカバーにも表れているということかな。基準がブレないからやりやすい。感謝!
中村 そうだね。
河北 求められるものは出しつつ、自分のやりたいこともドンドン表現していきたいね。
中村 そうだね(笑)。

『美的』のエピソード

’16年4月号カバーも河北&中村コンビによるもの。有村架純さんの吸い込まれるような凜とした眼差しが印象的!

河北さんプロフィール
どんな女性も〝生まれついての美人〟に見せる名手。色っぽさと知的さを引き出すメークは、旬のモデルや女優から絶大な支持が。

中村さんプロフィール
女優を中心に『美的』のカバー写真も多く手掛けている。超人気カメラマンにもかかわらず至ってシャイな人柄で、河北さんとは公私ともに大親友。

撮影/岡本 俊

例えるならしっかりした優等生

美容家
小林ひろさん

美容誌の中でも『美的』はじっくり練られた記事が多くてわかりやすい。1冊読むとすごく充実感があります。これからも日本の女性を美しくHAPPYに導いてください!

『美的』のエピソード

’10年4月号『みんなの憧れ!「肌のキレイな人」になる』より。読者の反響が良く、手応えを感じた企画でした。

プロフィール
透き通るような白肌をもつ美容家。わかりやすく即効性のあるスキンケアメソッドは、説得力抜群。

撮影/鈴木希代江

美しくなりたいって素敵なことですよね

モデル・女優
林田岬さん

たくさんの女性が美しくなることに関心をもっているって素敵なこと。『美的』はそういう方に支えられているんだなぁって。いつも私を応援してくださる方にもとても感謝をしています。最近、本当に少しずつですが、演技の仕事を始めました。そのことで、表現の仕方にもいろいろな形があることを実感し、前よりも、感情の表現が柔軟になった気がします。『美的』ではそれを生かして、毎回新しい自分を見せていきたいです。やりたいこともたくさん!これからも、どうぞよろしくお願いします!

『美的』のエピソード

’14年12月号『女はアイメークで化けるんです!』より。目元でガラリと印象が変わる。やっぱりメークは面白いな~!

プロフィール
のびやかな表現力と天真爛漫な性格を兼ね備え、ファッション誌、ビューティ誌で大人気。今年から女優業も始動

撮影/押尾健太郎

美的モデルズをはじめ豪華メンバーからお祝いメッセージが到着!の関連カテゴリー

あなたにおすすめの記事