特集
2017.2.18

歩き方でバレバレ!? 「恋人あり男子orいない男子」歩き方の特徴とは

気になる男性ができたとき、その人に彼女や妻がいるのかどうかをどうやって探りますか? 実は彼の“歩き方”を観察することでパートナーの有無がわかるかもしれないんです!

ドコモ・ヘルスケア株式会社が発表した「恋愛と歩数の関係についての実態調査」にて、恋愛状況が日常の活動に影響を与えていることがわかりました。

調査は、ウェアラブル活動量計『ムーヴバンド3』のユーザー387名の利用データを分析したもの。さっそく、歩き方と恋愛の驚くべき関係を紹介しましょう!

 

■恋人がいる人の歩き方1:早歩きしない

早歩きした歩数を平均化すると、恋人がいない男性は一日2,482歩も早歩きしているのに対して、恋人がいる男性は1,802歩でした。その差はなんと680歩! 恋人がいない男性ほど早歩きをしてたのです。

彼女がいる男性は、歩くのが遅い彼女に合わせてゆっくり歩くせいかもしれませんね。

女性についても、男性ほど大きな差はなかったものの、恋人がいない人ほど早歩きをする歩数が多いことがわかりました。

 

■恋人がいる人の歩き方2:走らない

次は走っている歩数について。これも恋人の有無で分けて平均走行歩数を出したところ、恋人がいない男性は平均284歩に対して、恋人がいる男性は186歩と1.5倍も差がついたのです。

さらに女性についても恋人がいない人ほど走る歩数が多く、恋人がいる人の2.4倍にもなることがわかりました。

 

■恋人がいる人の歩き方3:歩く歩数が多い

最後に、走ったり早歩きしたりするのではなく、”普通に歩いた”歩数について分析したところ、恋人のいる男性は一日平均5,783歩だったの、恋人のいない男性は5,098歩と、これまた大きく差がつきました。

走行歩数と早歩き歩数を加えた一日の総歩数については、恋人の有無ではほとんど違いがなかったにも関わらず、普通歩行の歩数に差が出たということは、恋人がいる人は“ゆっくりとたくさん歩いている”人が多いということがわかります。

この特徴についても、女性でも同様の傾向が見られることがわかっています。

恋人がいると、デートで散歩したりショッピングしたりする機会が多いせいでしょうか。

 

■パートナーがいるとゆとりが出る?

男性においても女性においても、パートナーがいれば、お互いに歩くスピードを自然と合わせるものです。そのため、今回のような特徴が出たのかもしれません。

また、デート中は二人で手を繋いでゆっくり散歩したり、おしゃべりしながら歩くため、歩くスピードは自然とゆったりするのでしょう。

 

今回は、「恋愛と歩数の関係についての実態調査」を紹介しましたが、いかがでしたか? もしあなたが気になる男性とデートにこぎつけたら、彼があなたの歩くスピードに合わせてくれるかどうかを観察してみて。そんなささいなところに、思いやりは表れるものですよ。

 

初出:美レンジャー  ライター:佐藤まきこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事