大高博幸さんの 肌・心 塾
2017.12.26

1 月のベージュ! 【 大高博幸さんの 肌・心塾 Vol.427 】

来年 1 月のベージュは盛り沢山。凄い! と思ったのは、デリケートな色の差を 惜しみなく商品化したアディクションの頬紅。But 僕としては、ラデュレの頬紅にもホレボレしています。リップメイクでは、クレ・ド・ポー ボーテと SUQQUの 新しいグロスに御注目 ( これからは、ベタつくグロスはアウトになるかも ) 。
では いつものように、発売日順にサクサクッと御紹介。なお 価格は全て税抜表記。画像の色は 各社のデータの関係で、赤み or 青みが強く出ている場合があるコトを御了承ください。

 

%ef%bd%94%ef%bd%88%ef%bd%92%ef%bd%85%ef%bd%85

THREE ウィスパーグロスフォーアイ 18、19、20、21 ¥3,300 ( 1.1 発売 )
みずみずしい質感、柔らかな立体感、繊細な色彩のニュアンスで人気のアイグロス、春の新色。
全 5 色中の 4 色は、カーキを帯びたゴールド系、バーガンディを帯びたセピア系、コパーがかったオレンジ系など、ビタースウィートな彩り。
同時発売のネイルエナメル 70 ( ほのかなトーンのグレージュ ) も要チェック。

 

%e3%82%b8%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a4

パルファム ジバンシイ ( 全て 1.5 発売予定 )
ミスター・ライト・グロウ ¥4,900 ( 限定品 )
筆ペンタイプのコンシーラー「 ミスター・ライト 」ラインの限定ハイライター。肌なじみのよいベージュベースに 輝きの微粒子が配合されていて、目元をはじめ 明るく見せたい部分に効果的。みずみずしいタッチで肌になじみ、しなやかにフィットする。
ルージュ・ジバンシイ・マット No.110、No.215 ¥4,600
ウルトラマットな極上の仕上がりを叶える新口紅。〝 ベルベット・コンプレックス 〟の効果で、唇にソフトな感触を与える。油分は控えめ。
No.110 は 赤みを感じさせるミディアムトーンのシックなベージュ、No.215 は ミディアムトーンのクラシカルなロージィピンクベージュ。

 

%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b301 %e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b302

アディクション ザ ブラッシュ 001、003、004、005、006、007、008、009、010、021 ¥2,800 ( 1.5 発売 )
全 27 色 ( うち 2 色は限定品 ) の新しい頬紅から、ベージュのバリエーションをピックアップ。頬紅らしい色から シェーディングに向く色まで、壮観な色揃え。
同時発売の 3 色セットの頬紅『 ブラッシュ トリニティ 001 』も要チェック。

 

rmk

RMK Wウォーターアイズ カラーインク 04、05、07 ¥3,800 ( 1.5 発売 )
水彩画をイメージさせる春のコレクション中の、ウォーターベースのアイシャドウ。マットとパールが 1 本になった W エンド型、みずみずしい仕上がり。
04 は ピンクベージュ、05 は シナモンブラウン、07 は スパイシィなイエローベージュ。
同時発売のネイルエナメル、EX-03 ( バニラベージュ、限定色 ) も要チェック。

 

%e3%82%b8%e3%83%ab

ジルスチュアート ( 全て 1.5 発売 )
マットクチュール アイズ 01 ¥5,000 ( 限定品 )
ふんわり柔らかな質感のマットアイカラー、春の限定新色。
01 は、軽やかなウォームトーンのピンクベージュ系。
ルースブラッシュ 02 ¥3,800
春の息吹きを感じさせる ルースパウダータイプの新頬紅。付属のパフスティックで ふわふわポンポン、上気したような血色感と自然な艶が得られる。
02 は、ベージュメイクに生気を吹き込むコーラルベージュ。

 

%e3%82%b9%e3%83%83%e3%82%af1 %e3%82%b9%e3%83%83%e3%82%af2

SUQQU ( 全て 1.19 発売 )
フロウレス リップ グロス 01、02 ¥3,500
ベタつきや ねっとり感の少ない、ウォータリーテクスチャーの新リップグロス ( 限定 2 色を含め、全 12 色 ) 。クリアな発色と上品な艶を実現。
01 は 洗練のミルクティベージュ、02 は 細かいラメ入りのレディッシュベージュ。
デザイニング カラー アイズ 08 ¥6,800
ニュアンスフルな色彩とグリッターの煌めきが際立つ 春の新色パレット。
08 は、イエローベージュ × ゴールドブラウンの組み合わせ。09、114 ( 限定色 ) も美しい。
ピュア カラー ブラッシュ 09 ¥5,500
2 色のグラデーションが好評の頬紅、春の新色。
09 は、ライトブラウン ~ シアーベージュの組み合わせ。
ディープ ニュアンス アイズ 101 ¥3,500 ( 限定色 )
繊細な煌めきで光を操るクリームアイシャドウ。発色はクリア。
101 は、シャドウベースとしてもハイライターとしても使えるプラチナベージュ。

 

%e3%83%a9%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%ac

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ プレスト チークカラー N 106、108、110 ¥5,300 ( 1.19 限定発売 )
おなじみの頬紅、春の限定色。フランスの焼き菓子をイメージした、ソフトな色のラインアップ。
106 は パステルオレンジベージュ、108 は スウィートピンクベージュ、110 は フレンチトーストの 少し こんがりとしたベージュ。僕のイチオシは 110。

 

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc

クレ・ド・ポー ボーテ ブリアンアレーブルエクラ 2、3、4 ¥4,000 ( 1.21 発売 )
潤いに満ちた艶と透明度の高い発色で、洗練された華やかさをもたらすリップグロス ( 全 8 色 )。ベタつきやギラつきのない、みずみずしい仕上がりが持続する。
2 は 黄水晶を想わせるウォームベージュ、3 は クォーツをイメージしたレディッシュベージュ、4 は メノウのオーラを感じさせるコーラルピンクベージュ。

 

%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%b3

レブロン スーパー ラストラス リップスティック 901 ( 限定色 ) 、116 ¥1,200 ( 1.25 発売 )
クリーミィな伸びと上品なツヤ、ハイスタンダードな口紅の 春の色。
901 ( 限定色 ) は 華麗に煌めく女神のゴールドベージュ、116 ( 定番色 ) は ベージュベースのヌーディローズ。

 

%e3%82%a8%e3%83%88%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%82%b9

エトヴォス ミネラルアイバーム モカブラウン、シャンパンアイボリー ¥2,500 ( 1.25 発売 )
目元用美容クリームを兼ねたクリームアイシャドウ。天然ミネラルの微粒子が繊細な輝きと艶で、まぶたに上品なニュアンスを与える。フィット性が高く、ヨレにくい。シャドウベースとしても◎。
画像の 2 色の他に、ベージュ寄りのピンクフィズがスタンバイ。

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab

シャネル レ ヌフ オンブル エディシオン No.1 – アフレスコ ¥10,500 ( 1.26 限定発売 )
地中海 ナポリをイメージした 9 色セットのアイシャドウパレット。ピーチベージュやダークブラウンに、アクセントカラーとしてグリーンがプラスされている。

1 月のベージュは以上。2 月のベージュニュースは、1 月 30 日頃の配信予定です。では、よい お歳を!

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
biteki-m@shogakukan.co.jp
(個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事