実樹的チアコスメ
2020.4.18

【緊急寄稿】モデル・有村実樹直伝・セルフ“マスク”メイク|ウズ、エクセル他…プチプラコスメで目元パッチリ

前後編に分けてお届けしているマスクメイク。今回はアイメイク編です。
マスクの時は顔の下半分は隠れてしまうので、メイクを楽しむなら目元です☆でも、目元を濃く作ると抜け感がなくなり、目しか見えない分キツく見えてしまいがちなので注意が必要!
大きなぱっちりアイに見せながらも、ナチュラルで優しく見せるならこちらの3点を意識しましょう。

(1)パールの輝きで一気に華やかに
(2)アイラインはアイシャドウの締め色で
(3)目尻を締めずに抜け感をだす

メイクの仕上がりはこちらです。

00ffff3c-7509-46c2-9af9-e4d3162bbbf6

目元のUPがこちら。

af765538-252c-4c9b-9690-cae933274b75

高密着で品よく見えるパール(♡)をアイホールと下まぶたに乗せて立体感をだします。
さらにブラウンパール(♤)を上まぶたの下半分に重ねてほんのりとグラデに。
目元の印象が強くなるマスク時は、アイシャドウで暗く引き締めるよりも、パールを使って光を取り入れて立体感を出した方がナチュラルで華やかに仕上がりますよ。

5b228114-bac7-40ac-a06d-2100cbe7bedd

最後に、マットブラウン(♧)で上下の黒目の外側にアイラインを入れます。
リキッドではなく、パレットの締め色でふわっと入れることでキツく見えるのを防げますよ。

6e102982-3914-4977-8212-08eafb2dca7c

ポイントは、上下の目尻をくの字に合わせず、真横にスッと引くように入れることです。
目尻を締めすぎると逆に目が小さく埋もれてしまうので、白目の横幅を広げる意識で真横に伸ばす!を意識してくださいね。
矢印の間の空間を残すのが大切です。

45995793-19bf-455e-8db1-50f5e80bda66

下まぶたにも同じ色を目尻1/3に軽く乗せます。マスカラは上にたっぷり、下まぶたは中央だけで十分。目尻にマスカラを塗らないというのはパンダ目防止にも有効ですよ。
マスクは呼吸による湿度でアイメイクも崩れがちなので、ちょっとした引き算がとても大切になります。3つのポイントを押さえて、盛りメイクで印象的な目元を演出しましょう。
マスクが手放せない時期が続きますが、メイクの力を借りて楽しむ気持ちを忘れずに過ごしましょうね♪

instagramでは「マスクメイク−アイメイク編−」のメイク動画を公開中!合わせてチェックしてくださいね。
@arimura_miki

使用アイテム

f9fd2b52-9d6d-4cc4-91fc-87bdf63b9684

ラ ロッシュ ポゼ UV イデア XL プロテクショントーンアップ ローズ
ディオール ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー
ビーアイドル ザ アイパレ 01
常盤薬品工業 エクセル オーラティック ブラッシュ AB05
ナーズ アフターグロー リップバーム 1356
ウズ モテ マスカラ VOL 7

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事