メイクアップニュース
2017.10.30

モン パリの香りで恋愛スイッチON♡ イヴ・サンローラン・ボーテのフレグランス

自由に恋愛を楽しむ愛すべき女性たちに

パリは世界一、愛が似合う街。人々は、結婚などの既成概念に縛られず、自由に恋愛を楽しんでいる。そんな恋愛の絶頂にいる男女の、高揚感や幸福感を体現したのが「モン パリ」だ。 昨年の秋に第1弾として、オーデ パルファムがデビュー。この秋には、軽やかなオーデトワレが仲間入りし、早くも話題を呼んでいる。かつて〝モードの帝王〞と呼ばれたイヴ・サンローランは、62年に自身の名を冠したファッションブランドをスタートした。弱冠26歳のときである。彼もまた愛に生きる人であり、自由な精神の人であった。

それまで男性のものであったタキシードを女性用のスーツに仕立てた「スモーキング」は1大旋風を巻き起こしたが、「モン パリ」のボトルは、その「スモーキングジャケット」がモチーフ。リボンとロック調の2本のレザータイが恋愛の情熱を表現。香りは、澄んだ透明感があり、空に溶けていくような開放感さえ覚える。愛する気持ちを高め、恋したい気オードリー・ヘップバーンが 愛し続けた名香るまで続いた。持ちを後押しする。そんな香りは、人生を謳歌したい女性に不可欠だ。

 

170726_6113
官能的でありながら透明感が際立つ愛の香り
ベルガモットなどのジューシーな香りから「、ダチュラ」が透明感を与え、ジャスミンやピオニーが官能的に漂う。ラストはパチョリとホワイトムスクで愛の高揚感を表現。
50ml ¥10,0 00(〈問〉イヴ・サンローラン・ボーテ)

『美的』11月号掲載
撮影/山口恵史 スタイリスト/笠原百合 デザイン/Jupe design 構成/小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事