美的GRAND
News
2022.1.8

【シミ・くすみケア部門TOP3】期待以上の明るさを生む名品の進化に注目!|美的GRANDベストコスメ’21(読者編)

\"\"

美容好きの『美的GRAND』読者1012人が選んだベストエイジングケアコスメを発表! 「シミ・くすみケア部門」で1位に輝いたのは?

読者が選んだ2021年最優秀エイジレスコスメ大賞
【シミ・くすみケア部門】

【3位】富士フイルム アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタ

kd_53-white_jelly_40_01
肌の土台を整え、美白、ハリ、潤いをかなえる
植物由来成分などが角質細胞にたまったメラニンを排出し、角質細胞の乱れを整える。肌を土台から立て直し、若々しく明るい肌に。

「赤いジェルを肌にのせてゆっくりとなじませると、ぐんぐん浸透していくのを感じます。後肌のみずみずしい潤い感はクセになる!」(デザイナー・51歳)
「使い続けているうちに、肌全体のくすみが晴れ、明るくなってきました。冷蔵庫で冷やしてお風呂上がりに使うとひんやりして気持ちいい!」(飲食業・43歳)
「後に使う化粧品の浸透が格段に良くなります」(秘書・40歳)

価格容量発売日
¥11,00040g2021-03-01
ホワイト ジェリー アクアリスタ[医薬部外品]の詳細はこちら

【2位】資生堂 HAKU メラノ フォーカスZ

kd_52-haku-%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%b9%ef%bd%9a%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91
シミの根本原因に全方向からアタック!
2種の美白有効成分に加え“Zカット複合体”を配合。美容医療でも改善しにくいシミ部位の血管にアプローチした新たな処方が話題に。

「リニューアル前から使っていて、もう3年以上リピートし続けています。おかげで目立ったシミのない、クリアな肌をキープできていると思います」(専門職・52歳)
「美白美容液といえば、HAKU一択という程、信頼しています。しっとりと肌に広がり、ぴたっと密着する使用感もお気に入り」(公務員・45歳)
「1か月で変化が。ファンデが1段明るくなった!」(事務・38歳)

価格容量発売日
¥11,000(編集部調べ)45g2021-03-21
メラノフォーカスZ[医薬部外品]の詳細はこちら

【1位】ロート製薬 オバジ C25セラム ネオ

kd_51-p15
ピュアビタミンCを濃度25%で配合し、大人の肌に明るさをプラス
毛穴、ハリ、キメ、シミ、肝斑様のシミ、シワと、あらゆる肌悩みに働くピュアビタミンCを極限まで配合。スピーディに浸透し、透明感に満ちた毛穴レス肌へと導く。ツボクサエキスなどからなる“ホワイトシグナルロックコンプレックス”配合の、潤い効果の高さも魅力。

「気になっていた目周りのシミが薄くなってきたのを実感してから手放せなくなり、既存を含めるとついに10本目に突入です」(専門職・41歳)
「どんよりとしたくすみが改善され、肌の明度もアップ」(営業・55歳)
「使い始めてからシミが気にならなくなり、ハリも復活。優秀です」(ライター・39歳)
「毛穴が目立って悩んでいたけれど毎日使うことで大きな変化を実感。顔から影が消え、肌がワントーン明るくなりました」(専門職・49歳)
「くすみや毛穴の開きが気になるときは、必ずこれに頼ります」(事務・42歳)

価格容量発売日
¥11,00012ml2021-03-10
C25セラム ネオの詳細はこちら

 

※既存品と新製品(’21年1~12月発売)を合わせた化粧品&美容アイテムの中から、読者が総合1~3位を選出(各自が選んだ1位を3点、2位を2点、3位を1点として集計)。各部は、それぞれがマイベストな1品を選出し、合計票数で順位を決定。

 

『美的GRAND』2022冬号掲載
撮影/辻郷宗平(Bebop) ペーパーアート/前田京子 文/金子由佳、森本恵子、森中奈央 構成/中島麻純・島田七瀬・吉田 梓(スタッフ・オン)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事