News
2022.6.29

【ブライトニング編TOP3】使うほどに透明感のある美肌に!|『美的』2022年上半期ベスコス

\"\"

一度使うと手放せない、やみつきになるブライトニングアイテムがランキング入り♪1位に輝いたのは、使う度に明らかなトーンアップ効果を体験できる優秀コスメ!

『美的』2022年上半期ベストコスメ 【ブライトニング編】

【3位】資生堂 HAKU 薬用 日中美白美容液 [医薬部外品] SPF50+・PA++++ 45ml ¥5,280

005-haku-%e9%98%ae%ef%bd%ac%e9%80%95%ef%bd%a8%e8%ad%8c%ef%bd%a5%e8%8d%b3%ef%bd%ad%e9%84%92%e5%ae%88%e5%8d%80%e9%84%92%e4%b8%bb%ef%bd%ae%ef%bd%b9%e8%b1%b8%ef%bd%b2%e3%83%bb%e8%82%b2%e5%88%a4%e8%9c%92
日中のブライトニング×UVカットを両立

【美容賢者】加藤 智一さん / 美容ジャーナリスト

加藤 智一
最新技術のなめらかな膜感が画期的。さらにパール効果で肌の透明感が瞬時に高まる、飛び抜けて完成度の高い日中用美容液!
日中美白美容液[医薬部外品]の詳細はこちら

 

【2位】ランコム レネルジー HCF トリプルセラム 50ml ¥23,100

004-cutout-012
肌の各層で起こるシミやシワに一度に働く

【美容賢者】河北 裕介さん / ヘア&メイクアップアーティスト

河北 裕介
ブレンド不可能だったヒアルロン酸やナイアシンアミドなどの3種の成分が1本に!透明感のあるハリ肌は一度体験したらやみつき
レネルジー HCF トリプルセラムの詳細・購入はこちら

 

【1位】ポーラ ホワイトショット SXS [医薬部外品] 20g ¥13,200


神経に働きかけて、繰り返し現れる“不屈シミ”を狙い打つ!

神経が放つ“アグレッシブノイズ”がメラニン生成を促していたことを解明。こっくり質感で気になる部分に密着し、美白有効成分がじっくり浸透。神経にダイレクトに働きかけることで繰り返すシミの発生をもとから防ぐ。その明らかなトーンアップ効果に驚きの声が!

【美容賢者】paku☆chanさん / ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chan
濃厚でこっくりとしたクリームが、じゅわっと浸透する感覚が気持ちいい。シミが確実に薄くなり、輝くような肌に♪

【美容賢者】長井 かおりさん / ヘア&メイクアップアーティスト

長井 かおり
気になる部分の明るさ改善はもちろん、ハリも出現!

【美容賢者】山本 未奈子さん / 美容家

山本 未奈子
肌色を明るく整えてくれる確かな手応えに感服。しっとりとなじんで、均一感のあるツヤ肌に導いてくれます
ホワイトショット SXS N[医薬部外品]の詳細はこちら

’22 上半期ビューティ、読み解きます!【スキンケア編】

コロナ禍が数年続いたことで、スキンケアが豊作に

1
コスメの開発には企画から発売まで一般的に2年ぐらいはかかるものなので、コロナ禍が新製品に与える影響が本格的に出ているのは、実は今シーズンから。その点で見ると、まず、スキンケアの新製品が豊作で、メイクを満喫できない分お手入れを存分に楽しめるよう、心地よさにこだわったものが増えています。また、マスクによる肌のゆらぎを考慮して、パワフルなものよりも優しいものが増えている傾向。

 

日焼け止めが大進化。本当に合うものが見つかる時代に

6
『美的』でも数回に渡り特集しましたが、日焼け止めの進化が今年はすごかった! やはり肌や環境に優しいものが目立ちました。1年前は外出規制を考慮してか、やや大人しい印象だったので、各ブランドが今年に照準を当てたのかも!?

 

\その他のランキングはこちらからチェック/
arena01

 

『美的』2022年8月号掲載
撮影/辻郷宗平(Bebop) 文/森本恵子構成/中島麻純・島田七瀬・吉田 梓・赤木さと子(スタッフ・オン)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事