渡辺佳子のナチュラルコスメ入門
2020.7.8

植物のパウダーを手をかけて…フランス発の自然派ブランド「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」でおうち美容【渡辺佳子さん連載vol.192】

1803年パリに創業した、当時としてはとても革新的な“総合美容専門店”。その理念を受け継いだ、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」の製品を今回はご案内したいと思います。創業者は、18世紀末から活躍していた調香師&美容専門家、ジャン=ヴァンサン・ビュリーで、当初はサントノレ通りにあったそうです。現在のパリ本店は、6区のボナパルト通り。
2014-03-129-buly-2_def_rvb_bd
2014-03-123-buly_def_rvb_bd
l’Officine Universelle Buly
パリ本店 6, Rue Bonaparte, 75006 Paris

世界万博で表彰されたという“自然派美容のパイオニア”。その功績をいまの時代によみがえらせたのは、世界各地の美容の歴史を研究する美容家、ヴィクトワール ドゥ タイヤックさんです。
tresorparisien-aislinggreally-2014-32-800x1200

「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」で手に入る素敵な美容アイテムは、パリで考案され、研究所で製剤されていた古来の製品作りのポリシーをそのまま尊重しながら、ヴィクトワールさんの長年の独自研究に基づく改良が加えられています。とはいえほぼすべての原材料が、昔から変わらない自然製法により、農家の人に代々継承されてきた方法で生産されているそう。ひとつひとつ手摘みされた植物などが使われているとのことです。

見れば見るほど知りたくなる自然美容・植物美容の提案から、今回ご紹介したいのは、7月10日にパッケージがリニューアルになる植物パウダーです。
buly_1301208221
これらの植物由来のパウダーが、ちょっとした手間で、おうち時間に簡単に作れるパックやゴマージュに早変わりします。肌状態に応じて選んだ茶さじ1杯のパウダーに、植物オイルやウォーターを加え、混ぜあわせてから肌にのせるだけ。とてもシンプルなフランス古来の美容法が妙にいまの気分にフィットします。

気になったものを試させてもらったのですが、そのなかで2つのパウダーと利用法を詳しく!
pink-plantain-powder
オオバコパウダー 50g ¥2,800
true-ionized-cleansing-water-1-2
ヴェリターブル・オー・イオニゼ・イッジェニーク・レクティフィエ(イオナイズド・クレンジングウォーター・シングル) 200mL ¥4,600

オオバコパウダーは、お肌のハリやヘアのツヤのためのケアに。オオバコはインドで、数多くの効能があることがよく知られているそう。ビュリーでは水分を含むと食物繊維が膨らんでゼリー状になることを利用して、モチモチのマスクにして使います。

【レシピ】オオバコパウダー大さじ1杯に、イオナイズド・クレンジングウォーター大さじ1杯を混ぜると、植物繊維の働きでゲル状のマスクができます。混ぜた直後ではなく何時間かおいたほうがベター。できればひと晩おいておくときれいなゼル状に。これを頬や額など気になる部分に、10分程度おいておくとひんやり鎮静され、とった後の肌はびっくりするほどスッキリ。しっとりしながらさっぱりするのでとても気持ちのよい肌触りになりました。個人的には肌キメも整う気がします。ぷるぷるひんやりした感触が楽しくて、ついつい毎日作ってトライしてしまいます。

いままでいろいろな植物材料の美容法を教わってきましたが、オオバコマスクは初めて知りました!

lemon-rind-powder
レモンピールパウダー 40g ¥4,000(税抜)
buly_huile_lavande
ユイル・ドゥ・マセラ・ド・ラヴァンド・オフィシーナール・ソヴァージュ(ワイルドイングリッシュラベンダー浸漬液オイル) 50mL ¥6,900

レモンピールパウダーを使うと、お肌の浄化スクラブマスクができます。

【レシピ】レモンピールパウダー小さじ1杯にラベンダーオイル小さじ1杯(1対1の割合)でボウルに入れ、滑らかになるまで混ぜるとちょっと粘りけがでてきます。それを毛穴の気になる部位に優しく小さく円を描いてのばし、数分間おいてから冷水で洗い流し、タオルで顔の水気をふきとります。

すっきりさっぱりできて、湿気が多く汗ばむこれからのシーズンにぴったりの爽快なケア。スクラブといっても刺激が強いタイプではなく、フレンチスキンケアのゴマージュな感じです。それでもやはり肌を傷めないように、努めて指の力は抜いてゴシゴシこすらないよう気をつけます。全顔というより、とくに毛穴の気になる小鼻まわりや額などのTゾーンパーツケアに向いていると思いました。洗い流した後の肌は表面がスルスルになって、その後に使う化粧水などのスキンケアが入りやすくなる感じがしますよ。

トライしてみまして、これはなんとなく“気晴らしにゼラチンや寒天を使って簡単なスイーツを作ってみる”のに近い感覚!と思いました(笑)
箱から出してすぐ使えるものではありませんが、使ってみた後肌が、すっきりつるつる・すべすべに整うので、手をかけた甲斐があって励みになります。オオバコは夜に作って常温でひと晩おいておき、翌朝、洗顔後のメイク前のパック、または朝作って夜寝る前にパックという感じで使えますし、その日の時間の余裕に合わせて。手作りパンやスイーツ流行りの昨今ですが、手作りコスメも始めてみるとハマると思います!

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%8c%e3%83%bb%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%9c%ac%e5%ba%97_photo-by-k
日本では東京の代官山が本店。

今回ピックアップしたオオバコ、レモンピールのほかに、いまの季節にオススメのものを聞いてみたところ、ヒヨコマメパウダー(毛穴ケアになるペースト状マスク)、リコリスパウダー(肌を目覚めさせるフェイシャルマスク・あるいは顔および手の気になるに部分に使うシミ対策ゴマージュ)もよさそうです。このように肌状態に応じたケアのできる植物パウダーは全7種、ほかにさまざまなクレイが7種類も、それぞれ素敵な丸い箱に入って揃います。

店舗、取り扱いコーナーなど詳しいことは、
オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーの公式HPへどうぞ=>https://www.buly1803.com/jp/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事