メイクアップニュース
2021.4.29

長時間軽いつけ心地!美容家が選ぶ超優秀クッションファンデ3選【美容家・浅利晴奈連載Vol.59】

800x550_eyecatch_58_2

今年の春夏も魅力的なクッションファンデが盛りだくさん。パフを使ってトントンと肌になじませるだけで、簡単に美肌になれるクッションファンデーションの新作をご紹介します。

<2021年最新>ツヤ肌クッションファンデ3

本連載では、ツヤ肌へと導く新作クッションファンデ 3選をご紹介したいと思います。

厚塗り感ゼロのナチュラルなツヤ肌に!

item_600x600_biteki_106アディクション スキンリフレクト ラスティング UV クッションファンデーションSPF50+PA++++ 全6色 12g 6,380(ケース込み)

光を反射させ、素肌のような「素肌膜」をつくるクッションファンデーションなので、まさに素肌が綺麗な人と言われるような仕上がりです。とても軽やかなつけ心地で、適度に光を透過させるヌードカバーリフレクトパウダー配合しているので、肌と一体化するように溶け込みます。リキッドは重ねても厚塗り感がゼロのナチュラルな仕上がりです。さらにロングラスティングなので、自然なツヤを約18時間キープしてくれます。粉っぽさは皆無ですが、ベタつきがなくさらりとした仕上がりなので、湿度が高くなる梅雨の時期や暑い夏でも、快適な使い心地なのも嬉しいところ。

さらに、大気中のちりやほこりなどの微粒子を徹底ブロックし、国内最高レベルの紫外線カット力なので、紫外線が強くなるこれからの時期に心強いです。4種のオーガニック植物由来成分が配合されているので、メイク中も心地よい使用感で、にじみ出るような自然なツヤ感を叶えます。

NARS史上最高レベルのプロテクト機能でうるおい溢れるツヤ肌に

item_600x600_biteki_104

NARS ピュアラディアントプロテクション アクアグロー クッションファンデーション SPF50+PA+++612g 6,600(セット価格)

NARS史上最高レベルのプロテクト機能「360°ディフェンステクノロジー」を搭載し、ブルーーライト、PM2.5、そして大気中のちりやほこりなどの環境ストレスから肌を守る高プロテクト仕様です。さらに、水分保持力に優れたバイオヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷり配合することにより、肌のうるおいが長時間続き、内側から発光するようなグローなツヤ肌が続きます。パフでポンポンと軽くたたくようになじませるとツヤ感がさらにアップ!専用パフはひし形のような形で、小鼻の脇など細かい部分まで綺麗に塗布できる仕様で使いやすいところも◎!

リキッドは伸びがよく少量でも広範囲をカバーできます。肌の赤みやくすみ、色ムラも綺麗に隠すカバー力がありながらも、透明感を損なわない仕上がりです。つけ心地はみずみずしく、適度なしっとり感がありながらも、とても軽い付け心地。時間が経つとより密着度が増すような使用感なので、1日中綺麗な肌をキープ!

たっぷりのうるおいとレフ板パールで作るナチュラルなツヤ肌

item_600x600_biteki_105

エトヴォス ミネラルグロウスキンクッションSPF32PA+++ 全3色 ¥5,800(ケース込み)

まるで美容液並みのみずみずしさとうるおいに包まれ、ツヤに満ちた肌へと導きます。高いスキンケア効果により、乾燥による小ジワを目立たなくする効果が期待できる優れもの。塗っていた方が、肌がうるおうと感じるほどの保湿力です。時間が経つほどハリとツヤがうまれて、肌になじんでいく使用感です。レフ板パールやピュアホワイトマイカを配合しているので、自然なツヤと1日中くすまない透明感のある肌へと導いてくれますよ。

私自身このクッションファンデが気に入りすぎて、リピ買いしました。すでに2個目を愛用中です。最近はブラシで仕上げるのがお気に入りで、肌を磨くようにブラシをくるくるしながら仕上げると、リキッドが肌と一体化して、ジムなどで汗をかいてもティッシュオフするだけで綺麗な状態に!クレンジング不要でお湯と石けんでやさしくオフできるのも嬉しいです。

気になるクッションファンデはありましたか。どのアイテムも長時間つけていても軽い付け心地なので、梅雨の時期や夏にもおすすめです!

profile
美容家
浅利晴奈
大手化粧品メーカーに約7年間勤務。商品開発やPR等の経験を経て、美容家として活動。化粧品メーカーへの商品開発やマーケティングのコンサルティングなども行う。美容好きが高じて、多数の美容資格も取得し、美容・コスメの知識が豊富。肌悩み・肌質に応じた化粧品選びを指南。インスタグラム(@haruna_asariでは、美容情報を発信中。

 

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事