メイクアップニュース
2020.3.11

H&M 吉川康雄さんが教えるモテメイク6つの極意|「自分の個性を輝かせるプラスのメイクを」

「どうして色気が出ないんだろう…」と悩んだことはありませんか? 実は本当の色っぽさを漂わせるメイクのポイントは“隠さないこと”にあるのです。欠点を隠さず透け感を出すメイクのコツを人気メイクアップアーティストの吉川康雄さんに教えていただきました。

塗っていても塗ってないように見える“透けメイク”が正解です

0372_%e4%bc%b8
僕の提案する“モテメイク”は、その人の個性を存分に輝かせるメイク。男目線とか誰かの基準でガチガチに欠点を隠すんじゃなくて、もっている素材を生かして“もとからキレイ”に見せるメイクです。肉眼で見て、素肌のようなキレイな肌にそばかすとかくすみが透けて輝いていたら、その人の人生や生き方、大切なものを見せてもらったようで心の距離も縮まるよね。エフォートレスなのに、魅力的。だから、結局、男女問わずモテてしまう。それが”隠さないメイク”です。あ、このメイクは顔と全身の肌色がつながっていることも大切!顔だけ美白すると厚化粧しなくても白浮きして見えるから気をつけて。
by 吉川康雄さん

“あえて隠さない”モテメイクの極意

1.肌を透かす

0548
毛穴やそばかすは輝かせて、星空にする
「毛穴をシリコン入り下地で埋めたり、シミやそばかすを厚くカバーしたり…その瞬間、厚化粧感が増し、肌は一気に生気も色気も失います。どちらも肌の質感の一部だから、消そうとしないこと。充分な保湿とツヤ感ファンデーションで明るく透け感のある肌に整えれば、毛穴は自然と目立たなく、そばかすさえ輝いてチャームポイントに」

img_0003
均一に潤うツヤ肌仕上げ。
シュウ ウエムラ ザ・ライトバルブ エッセンシャル オイル イン ファンデーション 全12色 30ml ¥6,000

 

2.線は極立たせない

0565
クッキリ線でメイクの夢が覚めないように
「メイクで素顔から美しいと錯覚させたいのに、いかにもな線があると台無し。目力を出すなら、味方はくすみボルドーのアイライン。まつげを濃く見せ、目がはっきりするのに線が悪目立ちしません」

img_0004
目の際に中央から目尻に。深い赤みがふわりと女らしさを醸し出す。
THREE インディストラクティブルアイライナー 05 ¥3,500

 

3.血色は仕込む

0551
“幸せそう”な高揚感や体温のぬくもりをオン
「チークは頬に溶け込むように淡く広く入れ、内側から高揚感を漂わせるとヘルシーな色っぽさが出ます。よくぼかして境目を作らないのがポイント。唇も同系色で血色感を高め、顔の肌温度を上げて」

img_0007
(左から)
チークはコーラルカラーを柔らかいブラシで広く。
クラランス ジョリ ブラッシュ チーキーピンキー ¥4,500

シアーなピーチコーラル。少しの青みが唇のくすみをはらい、明るく見せる。
RMK リップスティック コンフォート エアリーシャイン 09 ¥3,500

 

4.毛流れは整えるのみ

0465
顔の毛が自然だと“もとからキレイ”に見える!
「マスカラのつけすぎや濃く描いた眉毛は不自然さのもと。まつげはビューラーで全体を美しいカールに形づけて、マスカラは根元のみに。ナチュラルで美しい毛流れが、メイクのリアル感を高めます」

img_0006
根元にしっかりつけ、毛先はそのままとかすのみ。
コーセーコスメニエンス ファシオ パワフルカールマスカラ EX BK001 ¥1,200

 

5.くすみは生かす

0573
まぶたのくすみは天然の影色として利用して
「まぶたのくすみを恥ずかしがってコンシーラーで覆い隠すのはもったいない。影色として生かし、透け感の高い赤みブラウン系のアイシャドウでほんのり艶めかせ、キレイなくすみに昇華させます」

img_0044
エトヴォスのaのベージュをアイホール、bのブラウンを目の際に入れ、cの赤みブラウンを目尻に。セザンヌのミントを目頭1/2に淡くのせて抜け感を出す。
(左から)
エトヴォス ミネラルクラッシィシャドー モデラートピーチ ¥4,000
セザンヌ シングルカラーアイシャドウ 07 ¥400

 

6.あえてのさらにツヤのせ

0517
つるんと頬に走る光で透明感と抜け感が増す
「メイクの最後に、頬骨の上など顔の高い所のみにクリアなスキンケアバームでツヤをオン。つるんと明るく輝くツヤは、潤いに満ちた”素肌から美しい肌”を想像させます。メイク直しにも忘れずに」

img_0010
頬の高い位置に。天然成分で肌を潤わせ、光とつるんとした質感をのせる。
MiMC エッセンスハーブバームクリーム 8g ¥3,800

 

『美的』2020年4月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) メイク/吉川康雄 ヘア/冬木慎一(Sui) スタイリスト/小川未久 モデル/比留川 游 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事