メイクアップニュース
2019.4.18

バブルに安室ちゃん…眉で振り返る平成史|90年代は極太~極細へ!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%ef%bc%93%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

間もなく「平成」というひとつの時代が終わりを迎えます。この約31年間、時代や文化とともに、メイクやファッションの流行も移り変わってきました。

そこで今回はバブルから安室ちゃん、浜崎あゆみ時代までの眉メイクのトレンドを、“眉のスペシャリスト”玉村麻衣子さんに自らの眉で再現&分析してもらいました!

年齢層やお住まいの地域によっても流行ったメイクが異なるかと思いますが、今回はその時代を代表する印象的なメイクをご紹介します。

■1989年~90年代前半
「極太直線バブル眉」

1_1

1980年後半から好景気を迎えた日本。この頃人気を集めていたファッションといえば、平野ノラでお馴染みの肩パットが入ったジャケット。伝説のディスコ『ジュリアナ東京』では、体のラインを強調するセクシーなボディコンに身を包み、お立ち台で“ジュリ扇”を振りながら踊る女性の姿が印象的でした。

そんなバブル期に流行ったヘアはとさか前髪やワンレン、ソバージュヘア。眉メイクは自眉を最大限に活かした極太で濃さがある直線眉がトレンド。このころの眉色は、髪色問わずグレーやダークブラウンが好まれ、アイブロウペンシル一本で仕上げるハッキリ眉が人気。アイブロウペンシルは資生堂の『眉墨鉛筆』に代表される、削って使用する鉛筆タイプが主流でした。

1_2

太く濃い眉は強さの象徴。

まさにこの時代のエネルギッシュな女性を体現するような眉です。

■1990年代中盤

安室奈美恵が人気に火をつけた「極細眉」

2_1

1990年代中盤にはギャル文化が生まれ、ルーズソックスや「チョベリバ」といったギャル語も人気に。

そしてこの頃カリスマ的な人気となったのが歌手の安室奈美恵。安室奈美恵 のヘアメイクやファッションを真似る女性はアムラーと呼ばれ、アムラーは1996年の『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップテンに入賞しました。そのときに人気を集めたファッションは、サテンシャツやミニスカート、厚底ブーツなど。

眉メイクはまるでペンで一本線を描いたような超極細が大流行。細く眉を描くことができる繰り出し式のアイブロウペンシルが発売されました。また、アイブロウテンプレートも発売され、注目を集めるように。眉に理想の眉型プレートをあて、中をアイブロウペンシルで塗りつぶすという眉メイク方法を取り入れていた人も少なくありませんでした。

2_2

■2000年代前半
浜崎あゆみ風「淡ブラウンのへの字眉」

3_1

ガングロギャルブームが落ち着き、この頃多くの女性が憧れたミューズ的存在だったのが歌手の浜崎あゆみ。浜崎あゆみ風のヘアメイクやファッションを真似た肌を焼かない“白ギャル”が登場。明るい髪色の華やかな巻き髪ヘア、目をパッチリ大きく見せるアイメイクが人気に。

眉メイクは明るい髪色に合わせるように、キャメルブラウンの淡色への字眉が支持される傾向にありました。これまで眉メイクといえば、アイブロウペンシル一本で輪郭をややハッキリ描くメイクが主流でしたが、このころからアイブロウパウダーが広く流通しはじめ、アイブロウパウダーでやわらかに色をのせる眉メイク方法も人気に。

3_2

 

眉は顔の印象の8割を決めるパーツだと言われています。「もう何年も同じ眉メイクしかしていない…」という人は定期的に眉メイクを見直してみてください。眉を変えることで、あなたの“キレイ”も更新されるはず!

tamamura

美眉アドバイザー/玉村 麻衣子
アイブロウの技術者資格保有。国内大手化粧品会社でのメイク講師、美容ライターを経て、現在は眉のスペシャリスト“美眉アドバイザー”として活動中。「骨格や筋肉に基づいたアイブロウデザイン」の提案や、ファッションやシーンに合わせたアイブロウメイクの描き換え法などを、ブログやセミナー、メディアでの執筆活動を通じて紹介している。
著書に『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)、『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)などがある。
37歳一児の母、趣味はプロレス観戦。
■Instagram @maiko_tamamura

撮影/アレキサンダー麻美

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事