大高博幸さんの 肌・心 塾
2019.12.31

1 月のベージュ 【 大高博幸さんの肌・心塾 Vol.536 】

歳明け 1 月のベージュは盛り沢山ながら、ベージュらしいベージュは少なめ。口紅では ポール & ジョーや ルナソルから、ストライキングなヌードベージュが 登場する程度。意外なほど充実しているのは デジャヴュとリンメルの眉マスカラで、軽く使うだけで ベージュメイク全体のバランスが 取りやすくなります。加えて、Amplitude の ボリュームマスカラ。これは ドラマティックなほど インパクトの強い まつげに仕上がるので、ぜひトライして。
では いつものように、発売日順に サクサクッと御紹介。画像の色は 各社のデータの関係で、赤み or 青みが 強く出ている場合が 多々あるコトを 御了承ください。

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%a0

ランコム ( 全て 1.1 発売 )
ラプソリュ ルージュ R 274 ¥4,000
とろけるようにクリーミィな口紅の新色、限定パッケージ入り。R 274 は、ミディアムトーン、ブラウン寄りのティーベージュ。
ラプソリュ ラッカー 274 ¥3,900
とろける質感のリップグロスの新色。274 は、ウォームトーン、ブラウン寄りのティーベージュ。
他に、モーヴ寄り・プラリネ風ショコラ色の口紅 C 11 も、同時発売の予定。

 

three

THREE ディメンショナルビジョンアイパレット 06、08、09 ¥6,500 ( 1.1 発売 )
アブストラクト ( 抽象画 ) をイメージしたという、シャドウパレットの新色。グラデーション表現に最適な 4 色組み。06 は ソフトな花のつぼみ、08 は アイリスを想わせるモーヴトーン、09 は ニュートラルなウォームベージュトーン。
他に、同時限定発売の リップクレヨン X 04 ( ダスティローズベージュ ) も要チェック。

 

1

トゥーフェイスド シェイク ユア パーム パームズ ミニ アイシャドウ パレット ¥3,800 ( 1.1 発売 )
トロピカルなリゾート気分を楽しめる、8 色入り・ミニサイズのシャドウパレット。ピーチ & フィグミルクの香り付きで、パームトゥリーのイラスト入りパッケージも、このブランドならでは。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af

井田ラボラトリーズ キャンメイク ( 全て 1.1 発売、一部 限定品 )
グロウフルールチークス No.12 ¥800
密着感・透明感の高さで人気の頬紅、春の新色。No.12 は、シナモンラテ風の穏やかなスマートベージュ。
パーフェクトマルチアイズ No.06 ¥780 ( 限定 )
アイブロウ・アイライナーとしても使えるシャドウパレット、春の新色。No.06 は、黄みと青みのバランスがユニークな、パールやラメを含まない ベージュ ~ ブラウンのハーモニー。

 

%e3%82%b2%e3%83%a9%e3%83%b3

ゲラン ルージュ ジェ レフィル No.11、No.12、No.59、No.66、No.81 ¥3,700 ( 1.2 発売 )
ますます好調のレフィラブル口紅、春の新色。全て洗練された、フレンチ ブラウニッシュカラー。5 色中、最もベージュ寄りは No.11。

 

%e3%82%b8%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88jpg

ジルスチュアート ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 04、05 ¥4.200 ( 1.2 発売 )
新採用〝 フラッフィースフレパウダー 〟が しっとりと肌になじむ、5 色組みの 新・チークカラー。ブライトカラー、ニュアンスカラー、ハイライトカラーの使い方次第で、自由自在に 仕上がりの変化が 楽しめる ( 5 色をブレンドしてメイクしても O K ) 。04 は ローズとベージュのセット、05 は カシスとブラウンベージュのセット。他に、より華やかな花色のセット 4 種が スタンバイ。

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab

シャネル ( 全て 1.3 発売、一部 限定品 )
エクラ ドゥ デゼール ¥7,500 ( 限定 )
ナミブ砂漠の色と光を表現したという、春夏コレクションの中のフェースパウダー。モーヴピンクを帯びたウォームベージュ色で、テクスチャーはシルキーソフト。
ボ―ム エサンシエル ゴールデン ライト ¥5,500 ( 限定 )
頬骨・瞼・唇に使える、ブロンズキャラメル色のスティックハイライター。発色と輝きは ヘルシー & ソフト。
レ キャトル オンブル #352 ¥6,900
おなじみ 4 色組みシャドウパレットの新色。#352 は、モーヴやピンクやトープを帯びた、ベージュ ~ ブラウンのセット。デリケートな発色が シャネルらしい。
スティロ オンブル エ コントゥール #34 ¥3,900 ( 限定 )
ボカしても使えるペンシルアイライナーの新色。#34 は、コーヒー豆のようなディープブラウン。
ルージュ アリュール ヴェルヴェット エクストレム #132 ¥4,200
ウルトラマットな口紅の新色。#132 は、ウォームトーンのシックなローズウッド。

 

01

NARS ( 全て限定、1.3 発売 )
アフターグロー リップバーム 5053 ¥3,500
大人気のリップカラーバームが、新年を祝う特別なパッケージで登場。5053 は、シアー & セクシーなピーチピンクベージュで、自然なゴールデンシマーの輝きもチャーミング。
クワッドアイシャドー 5057 ¥5,800
ベストセラーシェード 3972 の 新年限定パッケージ版。ペールなゴールドベージュ、イエローコッパー、ディープレッド、アンティークブロンズの組み合わせ。4 色とも華麗に煌めく。

 

%e3%82%a2%e3%83%8a-%e3%82%b9%e3%82%a4

アナ スイ スイ ブラック アイカラー 300、400、500 ¥2,800 ( 1.3 発売 )
ブラックで締めるデュオアイカラー。愛らしくも悪女風にも仕上げられる、アナ スイならではの新製品。300 は ロッキンブラックとライトベージュピンク、400 は ブラックブラックと深紅色、500 は レザーブラックとマホガニーブラウンの組合わせ。指先でも使用可。

 

rmk1

rmk2

RMK ( 全て 1.3 発売、一部 限定品 )
リップスティック コンフォート エアリーシャイン 01、02、13、14 ¥3,500
グロスを そのまゝ固めたような処方、シースルーな 薄づきの 新・口紅。01 は ゴールドとレッドのパールを帯びたウォームベージュ、02 は シルバーパール入りのベージュピンク、13 は レッド系のアーバンベージュ、14 は 焦がしたキャラメルのようなウォームブラウン。
カラーユアルックアイズ 01、02、03 ¥3,200 ( 限定 )
メタリックな発色のモノシャドウ。01 は シルバー、02 は ゴールド、03 は ラセットブロンズ。
カラーユアルックブラッシュ 01、03 ¥3.500 ( 限定 )
柔らかくキメの細かいパウダーブラッシャー。01 は ソフトなピーチベージュ、03 は ニュートラルなサンドウォームベージュ。どちらもパーリーな輝き。

 

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%86%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc

ポール & ジョー ( 全て 1.5 発売、一部 限定品 )
フェイス & アイカラー CS 122 ¥4,000 ( 限定 )
アイカラーとしてもチークカラーとしても使える、ポータブルなコンパクトの新色。122 は、サンシャインイエロー + サンタンブラウン + ピーチピンクの組み合わせで、猫と一緒に旅する気分。
リップ クレヨン 03、08 ¥2,000
セミマットな質感で唇を彩る、繰り出し式の 新・リップクレヨン。伸びはクリーミィで、リップカラーとしても リップライナーとしても使いやすい。03 は やゝディープなローズベージュ、08 は ミディアムソフトなウォームベージュ。
リップスティック N 315 ¥2,000 ( レフィル仕様 )
好評のレフィラブル口紅の新色。315 は、カジュアルでいて洗練された印象の、理想的なヌードベージュ。

 

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3

イヴ・サンローラン・ボーテ ( 全て限定、1.10 発売 )
ラディアント タッチ 3 D グロウ ¥7,200
ひと刷けするだけで、ハイ & ローライトを入れたような立体感を演出する、フェースパウダー兼ハイライティングパウダー。色調は、ナチュラルなウォームハニーベージュ。
ルージュ ヴォリュプテ シャイン No100 ¥4,100
とろける感触、シャイニーな艶で人気の口紅、春の新色。No100 は、モーヴピンク寄りのヌーディベージュ。

 

2

ルナソル ( 全て 1.10 発売 )
シームレスマットリップス 07、08 ¥3,800
指でボカしたように唇と一体化する、ソフトマットな 新・口紅。07 は さり気ない血色感を帯びたヌードベージュ、08 は 都会的なブラウニッシュベージュ。この他、赤みを帯びた 10 ブリックベージュと、限定色の EX 02 チェスナットブラウンも要チェック。
グラムウィンク フロスト 02、03、04 ¥3,200
オイルベース、モイストマットな 新・クリーミィアイシャドウ。02 は モーヴ系のブラウン、04 は コッパー系のブラウン。これらに 03 ミモザイエローをブレンドすると、ヌードベージュに近づく。

 

02

SUQQU ( 全て 1.10 発売、一部 限定品 )
バイブラント リッチ リップスティック 01、101 ( 限定色 ) ¥5,000
ほのかに光を感じさせる、新・ソフトマットリップスティック。01 ( 定番色 ) は 落ち着いた印象のウォームベージュ、101 ( 限定色 ) は 華やぎ感のあるシナモンベージュ。
グロウ タッチ アイズ 07、08 ¥3,700
色と輝きが 立体感を演出する、リキッドシャドウの新色。07 は シックなグレージュ、08 は ゴールドを帯びたウォームベージュ。

 

3

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ プチ アイカラー 101 ¥4,500 ( 1.10 限定発売 )
立体的なハートが並んだ、お菓子のようなアイカラー。101 は、チョコレートブラウン × メレンゲ風ベージュピンクの組み合わせ。ストライプ模様のコフレ ( 小箱 ) 入り。

 

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b4

イミュ デジャヴュ アイブロウカラー 全 3 色 ¥880 ( 1.10 発売予定 )
色と形に加え、眉の質感をもアップデートさせる、新・眉マスカラ。眉毛を固めすぎてしまわない柔らかな仕上がり。「 アッシュブラウン 」は 明るい髪色向き、「 ナチュラルブラウン 」は 定番的なカラー、「 ウォームブラウン 」は 赤みのある髪色向き。眉毛には しっかり ついて、地肌には つきにくい、スリムなブラシも◎。

 

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%ab

リンメル ( 全て限定、1.10 発売 )
プリズム パウダーアイカラー CP 101 ¥800
ゴールドパールをフルに含んだ、パウダータイプのモノシャドウ。101 は、フレークショコラ色。
ラスティングフィニッシュ クリーミィ リップ CP 101 ¥1,300
とろけるような艶、クリーミィなタッチの口紅。101 は、ダークチェリーショコラ色。
他に、同系色のグロスやリキッドアイライナーもスタンバイ。

 

%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%86

コスメデコルテ ( 全て限定、1.16 発売 )
ザ ルージュ ベルベット BE 303 ¥3,500
感触は しっとり、仕上がりはソフトマットな口紅の 春の新色。BE 303 は、オレンジ寄りのイキイキとしたナチュラルなベージュ。
アイグロウ ジェム OR 280、BR 398 ¥2,700
大人気の濡れ艶アイカラー、春の新色。OR 280 は 繊細なシルバーパール入りのパウダリーオレンジ、BR 398 は シルバーやピンクの煌きで彩るスリークブラウン。
パウダー ブラッシュ OR 201 ¥5,000
ふんわりと広がり、しっとり溶け込む、パウダー頬紅の 春の新色。OR 201 は、ソフトな血色感・エアリィな印象のオレンジベージュ。肌色の延長のように、自然に上品に発色する。
ネイルエナメル SP 043 ¥2,000
酸素透過性樹脂をベースに用いた、上質なネイルエナメルの 春の新色。SP 043 は、アイボリーベージュ系のミルキィパール色。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b7%e3%82%aa

コーセーコスメニエンス ファシオ パワフルカール マスカラ EX ( メガボリューム ) BR 300 ¥1,200 ( 1.16 発売 )
束感を演出する メガボリューム仕上げの 新・マスカラ。ウォータープルーフ & 皮脂プルーフ処方、ノンファイバータイプ。BR 300 は、ベーシックなダークブラウン。〝 全方位キャッチブラシ 〟も使いやすい。塗りすぎた場合は、アイブロウコーム等で、素早く押し上げるようにコーミングしてみて。

 

%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%b3

レブロン キス メルティング シャイン リップスティック 003、008 ¥1,500 ( 1.21 発売 )
とろける質感、みずみずしい艶 & 発色の、新感覚 メルティ リップスティック。003 は シアーなコーラルピーチベージュ、008 は シャイニーなブラウニッシュピーチベージュ。

 

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%891

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%892

Amplitude ( アンプリチュード ) ( 全て 1.22 発売、一部 限定品 )
ヨーロッパの宮殿の内装の美しさにインスパイアされたという、春のメイクアップコレクション。
ヌーディ スプリングカラー フォーアイズ 01、03、04、05 ¥6,300 ( 限定 )
柔らかく淡い色調の湿式処方のパウダーに、ゴールドの王冠を乗せた春色のデュオシャドウ。スモーキーパステル × ゴールドの コントラスト & ハーモニーが、ゴージャスかつノーブル。画像の他に、02 ソフトパープル、06 ソフトバーガンディーが スタンバイ。
エクストラボリューム カラーマスカラ 07 ¥4,400
細くて まばらな まつげをも、一瞬で カールアップ & ボリュームアップさせる 新・マスカラ。その仕上がりは 驚くほど スペクタキュラー。ウォーターレジスタント処方で 艶も十分。07 は、ベーシックなダークブラウン。他に、ブラックとブルーブラック、全 3 色のラインアップ。
コンスピキュアス マットリップス 01、02、07 ¥4,300
濃密に発色する 新・マット口紅。01 は ヌードベージュ、02 は コーラルベージュ、07 は ディープブラウン。
コンスピキュアス チークス 09 ¥6,800
チークカラーとハイライターをセットした パレットの新色。09 は、ベージュメイクに生気を吹き込む オレンジベージュとイエローゴールドの組み合わせ。2 色を重ねるコトにより、エレガントな血色 × 透明感が生まれる。

 

%e3%82%a8%e3%83%88%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%82%b9

エトヴォス ( 全て 1.22 発売、一部 限定品 )
ミネラルクラッシィシャドー モデラートピーチ ¥4,000 ( 限定 )
優しさと華やかさを両立させた、シャドウパレットの新色。ソフトに黄みを帯びたピーチベージュ系・ウォームトーンのハーモニー。
ミネラルマルチパウダー 全 3 色 ¥2,300
ブランドの創業祭の限定アイテムとして登場したマルチパウダーが、ファンの声に応えて定番化。指でボカし込むだけで、アイカラー、チークカラー、リップカラーとして使える優れモノ。「 リネンベージュ 」「 トープピンク 」「 ヘルシーオレンジ 」共にベージュベース。
ミネラルシアールージュ オレンジペコ ¥3,000
低刺激処方、シアーな仕上がりの口紅の新色。トレンドのオレンジカラーに ベージュとブラウンをプラスした、日本人の黄み肌に よくなじむ色。

 

%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9

イミュ オペラ シアーリップカラー RN 104 ¥1,200 ( 1.23 限定発売 )
透明度の高い、モイスチャータイプの口紅 ( スティック グロス ) の新色。RN 104 は、ビタースイートなチョコレートブラウン。ペール or マットなベージュのリップカラーと併用して、発色を落ち着かせるためにも お役立ち。

 

%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc1

トゥー フェイスド チョコレート バー アイシャドウ パレット ¥6,800 ( 1.31 限定発売 )
バレンタインシーズンに向けて登場する、チョコレートバーをイメージしたシャドウパレット。ココアパウダーを配合し、パッケージを開く度に チョコレートの香りが漂うというアイディア。マットとシアー、ふたつのテクスチャーが、ナチュラルルック、スイートルック、ドラマティックルックを叶えてくれる。

 

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%ab2

リンメル プロフェッショナル 3 D ブロウ マスカラ 101、102 ¥1,200 ( 1.31 限定発売 )
人気の定番 4 色に加えて、トレンディな限定 2 色が 仲間入り。101 は レッド系ブラウン、102 は ほんのりオレンジ寄りのソフトブラウン。ブラシは小ぶりで使いやすく、ひと塗りでカラリングが可能。余計なボリュームや固まり感は出ないので、安心して眉全体に使える。

今回は以上。次回 2 月のベージュニュースは、1 月 28 日 配信の予定です。では!

 

このページで紹介した化粧品の価格は、全て本体価格です。

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問を受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
biteki-m@shogakukan.co.jp
( 個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事