News
2019.12.25

シワ改善美容液、マットリップ…’19年美容業界が注目した“老け見え改善”5大トピックスとは?【美的GRAND】

2019年に美容業界が注目した、老け見えを改善する5大トピックスとは!?その中でもおすすめのアイテムを大公開します。

1.シワ改善美容液

根深いシワもコスメで解消!技術躍進で夢が現実に
p10-11-1
1 カネボウインターナショナルDiv. KANEBO リンクル リフト セラム
[医薬部外品] 20ml ¥13,500

2 オルビス リンクルホワイトエッセンス
[医薬部外品] 30g ¥4,500

3 ディセンシア アヤナス リンクルO/L コンセントレート
[医薬部外品] 30ml ¥6,500

純粋レチノールやナイアシンアミドなど、有効成分の“シワ改善”効果が認定され、効果実感が格段にアップ! 美白も同時にかなえる「オルビス」や、表皮&真皮に働いて深く効く「KANEBO」など、1歩踏み込んだケアが当たり前に。また、オイルタイプの「ディセンシア」は、攻めのケアを諦めがちな“敏感肌”にも使える救世主として話題となった。

2.ハリ・キメ即効チャージ美容液

塗った直後に肌が上向き、使い続ければ年齢不詳肌になれる
p10-11-2
1 ランコム ジェニフィック アドバンスト N
30ml ¥10,000

2 クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラム
[医薬部外品] 50ml ¥25,000

3 ロート製薬 オバジ C25セラム ネオ
12ml ¥10,000

美肌保持能力=“肌知性”を高める「クレ・ド・ポー ボーテ」、バリア機能の要となる“美肌菌”を増やす「ランコム」と、肌の潜在能力を引き出す美容液が台頭。ビタミンC25%配合を実現した「オバジ」を含め、使ってすぐに“調子がいいときの肌”を体感できる即効性の高さに、ときめく大人が続出。“久々に自分の肌に見ほれた”との意見もあり、若々しい肌を長くキープしたいと願う人生100年時代には、最先端美容液の存在が不可欠だと知らしめた。

3.生ツヤ肌ベース

ジューシーな光沢をプラスして、のっぺりしがちな大人の顔に凹凸を
p10-11-3
1 シャネル ボーム エサンシエル トランスパラン
¥5,500

2 ゲラン パリュール ゴールド セッティングミスト
30ml ¥5,300

3 ドゥ・ラ・メール ザ・ハイドレイティング イルミネーター
40ml ¥9,000

“素肌っぽさ”はもはやファンデの常識に。そんな中、美に貪欲な人たちがさらなる美肌を目指し注目したのが+αのツヤ足しアイテム。内側から発光するような艶やかさを仕込める「ドゥ・ラ・メール」の下地、メイクの上からいつでもツヤを足せる「ゲラン」のスプレー、ぬれたようなツヤで細部に立体感を与える「シャネル」のスティックと、スキンケアの延長のような生ツヤが簡単に作れるアイテムは、取り入れた人から“若見え”に!

4.新感覚マットリップ

潤い不足の唇にもなめらかにフィットして、ふんわり色づく
p10-11-5

1 ローラ メルシエ ヴェロア エクストリーム マット リップスティック 14
¥3,100

2 パルファム ジバンシイ ルージュ・ジバンシイ・ベルベット 42
¥4,600

3 ディオール ルージュディオール ウルトラ リキッド989
¥4,200

若い頃はかわいかったツヤツヤリップも、大人になるとどこかトゥーマッチに。でもマットリップは縦ジワが目立つし…。そんなジレンマを解消するのが、潤いとマットのバランスが絶妙な新テクスチャー。フラワーオイルを配合したホイップ状の「ディオール」など、柔らかな色づきは肌なじみも抜群。色味は旬を感じさせつつ、大人の色気をまとえるブラウンレッドがおすすめ。

5.肌色透過スパークリングアイカラー

洗練された輝きで、くすんだ目元に透明感をもたらす

p10-11-4

1 エレガンス クルーズ アイカラー ウィンド MN05
¥1,800

2 SUQQU トーン タッチ アイズ 12
¥3,700

3 ポール & ジョー ボーテ スパークリング アイカラー 01
¥2,700

マットなアイカラーの流行から一転、目元に輝きがカムバック! ただし、安っぽいラメは若作り感が出るので大人にはNG。決してギラつかず、まばたきの度に美しいきらめきを放つような上質な輝きを選んで。中でも「SUQQU」の黄みがかったベージュなど肌に溶け込むカラーには、まぶたのくすみをカムフラージュして目元を明るく見せる効果も!

 

 

\美容賢者57人が選んだ2019年ベストコスメランキング部門別一覧はこちらからチェック/
arena01

 

『美的GRAND』2020冬号掲載
撮影/辻郷宗平・新垣隆太 ペーパーアート/菊地七夢(NKcraft) 構成/内田淳子、中島麻純・島田七瀬・宍戸沙希(スタッフ・オン)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事