2021.7.20

美容家IKKOさんもリピート!発酵のパワーで叶える、浸透力と保湿力

食品メーカー視点で厳選された成分だけを配合し、デリケート肌への優しさも考えた人気スキンケア。乾燥した肌に乳酸菌が作り出す潤い成分が浸透※1し、みずみずしさにあふれた肌を育みます

乳酸菌から生まれた優しい潤いをご存知かしら?

ikko%ef%bc%88550%ef%bc%89◆Profile
美容家として活躍するほか、美にまつわるプロデュースも多く手がける。コスメ愛あふれるユニークなコメントにファン多数。

 

日々数多くのコスメを試し、その中でも本当に気に入ったものしかおすすめしない、と話すIKKOさん。「当然よ。本気で納得して実感したコスメでないと、心の込もったコメントができないもの。また私自身が敏感肌なので、そこもクリアしたアイテムではないと、お気に入りのスキンケアとは言えません」。そんな厳しい審美眼をもつIKKOさんが洗顔後の1品として欠かせないと語るのが「ラクトデュウ」のローション。

「腸だけでなく、肌にとっての美しさを向上させる意味でも私は乳酸菌のチカラを信頼しているの。この化粧水に含まれているヤクルトの乳酸菌生まれの保湿成分はとってもなじみが良くて、洗顔後の乾いた肌に優しく浸透してコンディションを整えてくれるんですって。スキンケアを頑張っているのに潤いが続かないという人は一度試してみてほしいわ。ただし、“乳酸菌由来成分が今、肌に働きかけてくれている”ってちゃんと脳に言い聞かせながらね

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3

 

イチオシはこちらのローション

%e5%95%86%e5%93%81%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3ラクトデュウ S.E.ローション 130ml ¥4,400(編集部調べ)

心地よい使用感と共に、潤い満タンの肌へとアプローチ。使い勝手のいいポンプ式ボトルも魅力。

 

【Point1】ヤクルトならではの乳酸菌研究を応用

ヤクルトといえば歴史ある乳酸菌飲料メーカーとしておなじみ。昔「ヤクルト」がビンで売られていた時代、そのビンを回収して洗っていた人の手がしっとりとなめらかであったことも、乳酸菌がもつ美肌パワーに着目した研究を後押し。まさに乳酸菌のエキスパートが作ったスキンケアラインなのです。

【Point2】オリジナルの保湿成分をギュッと配合

「ラクトデュウ」シリーズの全アイテムに配合されているのが、角質層のすみずみまで潤いを与えて保つ“S.E.(シロタエッセンス)※2”と長時間水分を捉えて逃さない“HBヒアルロン酸(持続型)”。いずれも乳酸菌発酵を応用して生まれたヤクルトの独自保湿成分で、みずみずしい美肌を育むスキンケアの基本である浸透力と保湿力の両方をかなえてくれます。

【Point3】食品メーカー視点のこだわりの品質

1954年にヤクルトの化粧品製造がスタートし、60年以上こだわり抜かれているのが、食品メーカー視点で厳選した原材料のみを使用すること。低刺激処方で敏感肌に優しいのも特長です。

 

\IKKOさんもお気に入り!/

ikko%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92

『浸透力がやっぱり素晴らしい!みずみずしいのに、しっとり感のあるテクスチャーもいいわね』

 

LINE UPもチェック!

%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%96%e5%95%86%e5%93%81%ef%bc%88300%ef%bc%89

写真左/ラクトデュウ S.E.クレンジング(オイル) 200ml ¥3,080(編集部調べ)…潤いを守りながらメイク汚れや皮脂汚れをオフ。濡れた手でも使えるタイプ。
  中/同 S.E.ウォッシング 120g ¥3,080(編集部調べ)…濃密できめ細かな泡が特長の洗顔料。
  右/同 S.E.ミルク 110ml ¥4,950(編集部調べ)…潤いを閉じ込めるまろやかな乳液。

※1:角質層まで
※2:乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)〈成分名:ホエイ(2)〉

公式サイトはこちら
ラクトデュウをお得に手に入れるにはこちら

購入方法はこちら→ヤクルトビューティ・ヤクルトレディによる訪問販売、インターネット・FAXによる通信販売、「ヤクルト届けてネット」にて取り扱い

撮影/富田眞光(vale./人物)、Kevin Chan(静物) ヘア/きくち好美 メイク/高場佑子 着つけ/森合里恵 構成/安井千恵
●この特集で使用した商品の価格はすべて税込み価格です。

●協力/ヤクルト ビューティエンス  TEL:0120・8960・81(10:00~16:00、土・日・祝日・夏季休業・年末年始等を除く)※時間を短縮しております。

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket