2019.4.1

【骨美容のススメ】肌を支える骨こそが「美の土台」だった!10年後のキレイのために早めの骨ケアを!

PR/大塚製薬

年齢とともに顔の印象が変わってくるのは、肌や顔筋の衰えばかりが原因ではありません。目元や顔のたるみの原因の1つとして考えられるのは、すべての土台となる「骨」。実は、骨は年齢を重ねると徐々に減少していき、それが顔のたるみ印象を促してしまうのです。

slide_01

皮膚科・内科医 友利 新先生が教えてくれました!

顔の骨密度は、腰より早い40代から急降下!

slide_02

年齢と部位ごとの骨密度を測定。その結果、腰の骨では60代以降に減りが顕著なのに比べ、顔の骨では40代から骨密度が急激に減少することがわかりました。“骨の減少なんてまだずっと先!”と思っている美的世代にも遠い話ではありません。しかも怖いことに、1度減った骨量はもう元には戻らないのだそう!

 

友利 新先生に詳しく伺いました!

老け印象につながる骨量の減少は、女性ホルモンに大きく影響されます

_s8a7159

「骨は同じものがずっとそこにあるわけではなく、作られては壊され、壊されてはまた新しく作られて…を繰り返しています。その形成に必要な材料が十分に揃っていないと、当然、元どおりの大きさ・強さに作り上げることはできません。その必要な材料とは、まず女性ホルモンのエストロゲン。女性の場合、閉経後に骨粗しょう症が心配されるのは、このエストロゲンが急激に減少してしまうことが原因です。もちろん若くても、偏った食生活やダイエットなどでホルモンバランスが乱れていると、もろい骨しか作れず、骨密度が低下してしまうリスクは大。実際、骨はある日突然ガクンと減るわけではなく、10年・15年かけて少しずつ減少していきます。気づいたときに慌てて元に戻そうとしてももう難しいため、今のうちから女性ホルモンをサポートする食生活を意識することが大切です」
[PROFILE] 友利 新先生
皮膚科・内科医。東京女子医科大学卒業。都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓発活動を雑誌やT Vなどで展開中。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量(下のグラフのピンクのライン)と骨量(上のグラフの緑のライン)は、30代以降、同じような曲線を描いています。そのことからも、女性ホルモンと骨量には密接な関わりがあることがわかります。

美容の土台=「骨」を支える重要な3つの成分!

骨に必要な成分といえばカルシウムが知られていますが、それ以外にも骨を支える需要な成分があることをご存知ですか?それがこの3つ!

01

graph

実はエクオールという成分には女性ホルモンに似た働きがあることから、骨の破壊を抑制する働きがあり、骨の基質となるコラーゲン、コーティング役のカルシウムとともに、強く健康的な骨の維持をサポートします。
「それぞれの成分の相乗効果で丈夫な骨が作られるため、どの成分も不足しないように摂取していくことが大事です」(友利先生)

 

さらに詳しく、エクオールとは?

大豆イソフラボンから生まれるエクオールが女性ホルモンの働きをサポート!

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac

女性の健康と美容をサポートする成分として広く知られているのが、女性ホルモンに似た働きをする「大豆イソフラボン」。今、その大豆イソフラボンに比べて強いホルモン様作用を持つことから、注目を集めているのが「エクオール」です。そもそもエクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内細菌の力を借りて変換されることで生まれるもの。エストロゲンによく似た化学構造式をしています。

ただし、日本女性の約半分は体内でエクオールを作れない!

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a4%a7%e5%a1%9a%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%955

実は、エクオールを作る腸内細菌を持っているのは、日本人女性のおよそ半分。どんなに大豆製品を摂取しても、2人に1人は体内でエクオールを作り出すことができません。また、エクオールを作れる人でも、毎日大豆食品を摂っても十分なエクオールが作れるとは限りません。エクオールは体内に蓄積されずに、1~2日でほとんど体外に排出されてしまいます。また、体調や腸内環境の変化によって、エクオールができにくい場合もあるのです。

エクオールを腸内で作れる人も作れない人も、直接摂れるエクオール含有食品に頼る手が!

エクオール10mgを1年間摂取することで、骨密度の減少が半分に抑えられたという報告があります。

01

また、エクオール10mgの摂取を3か月続けた結果、目尻のシワや面積が抑制されたというデータも。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

エクオールの摂取を続けた結果、骨密度の減少が抑制され、シワ面積の広がりも抑制されました。
エクオールで骨を健康に保ち、いつまでも美しく!

 

「骨美容*」は先手必勝!今からスタートするのが正解です

_s8a7237

「若々しい見た目をキープするためには、肌や筋肉のケアと同様に、目には見えない骨のケアがとても大事。実際、エクオール、コラーゲン、カルシウムといった骨の形成に欠かせない成分の補給は、美肌にもつながります。未来の見た目印象には、現在の食生活が大きく影響します。今すぐ食生活を見直して、『骨美容*』を始めましょう!」(友利先生)

 

大塚製薬公式HP

 

*「骨美容」は、ゆりクリニック院長 矢吹有里医師の登録商標です
スチール撮影/フカヤマノリユキ ヘアメイク/川村友子 スタイリスト/亀恭子 動画制作/ビッグエムズワイ 構成/つつみゆかり
●協力/大塚製薬

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket