小学館
  • CanCam
  • AneCan
  • Oggi
  • Domani
  • Men's Precious
  • Precious
  • 和樂
  • 美的
  • Woman Insight
  • 小学館女性インサイト研究所
美的.com
2016.6.20

モデル仁香さんに聞く ベストなスタイルをキープする秘策


美と健康にいいことだらけ!スーパーフードの取り入れ方 vol.1 チアシード

モデル 仁香さんに聞く ベストなスタイルをキープする秘策

プロフィール
短大在学中の18歳でCanCam専属モデルに。以来、数々の雑誌やメディアで活躍。一児の母として育児もこなす。2014年に姿勢・ウォーキングアドバイザーの資格を取得。現在はセミナー講師も務める。
アプリ「美姿っと!ウォークエクサ」 AndroidiOS
Youtube番組「仁香のなんかあったら連絡ちょうだい

モデル・姿勢&ウォーキングアドバイザーの仁香さんは身長171センチ、50キロという理想のプロポーションと、きめ細かな美肌の持ち主。インタビュー当日も、ほぼすっぴんでナチュラルな魅力いっぱい。アラフォーとは思えない美しさの秘訣を伺いました。

肌もボディラインも
女性らしくあることが一番大切

ウォーキング
美しい姿勢を意識してウォーキングを続けると、インナーマッスルが鍛えられて代謝が良くなり、その結果太りにくくなります。

Q仁香さんが美容において一番大切だと思うことは何ですか?

仁香さん:女性らしさですね。“マシュマロボディ”という言葉があるように触ったら柔らかそうな丸みのあるラインが理想です。20代の頃は、とにかく体重を減らそうと必死でした。逆にそのストレスから13キロも激太りしてしまって…。今は体重よりも、見た目のラインと肌の質感を重視。体重計には滅多に乗りません(笑)

 

Q体重計に乗らなくても、素晴らしいプロポーションを保たれていますよね。良い状態をキープする秘訣は?

仁香さん:やはり日頃の食生活は大事。例えば、添加物など、悪いものを摂らないように気を付けているうちに、今はジャンクなものを身体が受け付けなくなりました。それから、13キロ減のダイエットに成功して以来、ずっーと続けているのがウォーキング! 無理に激しい運動をすると筋肉質になって女性らしさが失われます。ウォーキングであればその心配はなし。立ち姿を正して、美しく歩くことを意識すれば、自然とインナーマッスルが鍛えられ、全身の代謝が良くなるんです。

チアシードの美容効果には驚くばかり。
摂り続けやすいのも魅力

チアシード
チアチードはグリーンスムージーにトッピングしたり、カシスと一緒にアイスティーに混ぜていただくのが夏の定番。

Q仁香さんはスーパーフードのチアシードを積極的に摂っていると伺いました。そのきっかけを教えてください。

仁香さん:2年程前、ヘアメークさんが撮影時に持参していて、「何それー!?」って(笑) 最初はカエルの卵みたいな見た目に驚いたのですが、どうしても気になってその日の帰りにスーパーで買って帰りました。私は美味しくないものは続けられない性分なのですが、チアシードは無味無臭。夏はスムージーやアイスティーに入れて、プチプチした食感を楽しみながらいただいています。ヨーグルトなどにトッピングするときは、乾いた状態のままふりかけるのではく、水に漬けて10分程度ふやかします。ひと手間加えることで、栄養分をより効率良く吸収できるんですよ。

 

Qチアシードを摂り始めて、「ここが変わった!」と実感することはありますか?

仁香さん:水でふやかすと種の周りに現れるグルコマンナンが満腹感をもたらしてくれるので、食べ過ぎを防ぐことができます。それから食物繊維が豊富なので、腸内環境が整って便通が良くなりました。また、チアシードには代謝を促進してくれる良質な植物性オイル成分が含まれているので、むくみにくくなったことも実感しています。続けることが大事なので、スーパーフードの中でも美味しくいただけて食べ方も簡単なチアシードは、これからも摂り続けたいですね。

ファイン スーパーフード
クックパッド

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む


Recommend For You