特集
2016.1.22

人間関係で…疲れてない?「環境を好転させる」魔法の言葉3つ

会社を辞める理由として最も多いのは、人間関係の悩みといいます。しかし、対人関係は、仕事関係だけでなく、友人、恋人、夫婦など、さまざまなシチュエーションがあり、生きていく上で避けられないものですよね。それぞれの人間関係の中で色んな悩みを抱えている方は、きっと多いと思います。

そこで今回は、認定心理カウンセラーの資格を持ち、心理美容家として活動する筆者が、あらゆる人間関係を円滑にさせるための、“心がけるべき3つの言葉”を、ご紹介します。

基本的なことではありますが、あなたが関わる全ての人達にきちんと言えているのかどうか、思い返しながら読んでみてください。

 

■1:笑顔で挨拶の言葉

挨拶はコミュニケーションの基本ですが、忙しかったり、慣れ親しんだ関係であるあまり、つい忘れてしまってはいませんか? 笑顔で元気に挨拶する方を、相手は決して不快には感じません。

旦那様や家族にも、「おはよう!」「いってらっしゃい!」「今日もお疲れさま!」など、自分から積極的に明るく元気に挨拶してみましょう。

 

■2:相手を気遣う言葉

「今、少しお時間いただけますか?」「お忙しいところ恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」など、相手を思いやる気持ちをワンクッション入れることで、まず相手の立場を考えられる、気が利く人間だという好印象を与えられます。

仕事関係での目上の方には自然とできていることかもしれませんが、後輩や旦那様、仲の良い友人にも同様にできていますか? よい人間関係を築く上で、相手によって態度を変えることはNG。親しい関係性であっても、「忙しいのに申し訳ないんだけど」という、気遣う言葉を入れてみてください。

 

■3:感謝の言葉

「ありがとうございます」と言われて、嬉しくない方はめったにいません。夫婦関係など親しい関係性になればなるほど、感謝の気持ちを伝えることに恥じらいも出てくるかもしれませんが、「ありがとう」の一言を添えることは、礼儀として必要なだけでなく、自分も温かい気持ちになれるものです。

また、贈ったプレゼントに対するお礼の返し方として、「いえいえ、大したものじゃないんだけど」と謙遜するよりも、「喜んでもらえて嬉しい!」と伝えた方が、さらにお互い楽しい気持ちになります。

 

仕事関係であればできていることなのに、意外と夫婦、家族、仲の良い友人にはできていなくて、関係をこじらせてしまうケースも少なくありません。ぜひこれらを意識して、円滑な人間関係を心がけてみてくださいね。

 

【画像】

※ mirela bk / Shutterstock

初出:美レンジャー  ライター:磯部奈央

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事