ボディケア
2017.10.14

太ったね…既婚女性がダイエットを決めるのは「友or夫」どっちの指摘?

秋になってからというもの手脚の露出も減ったし、食欲全開で食べまくりだし、油断しているつもりはなくても「ギャッ!たった一晩で1キロ太ってしまった!」なんてこと、ありませんか? すぐに軌道修正すればいいものを、友人とのお食事会やらデートなどのスケジュールが連日立て続けに入っていると、アッという間に2~3キロ増なんてことに……。
では、女性はどんなときにダイエットを決意するのでしょうか。

アサヒグループ食品株式会社が展開するダイエットサポート食品『スリムアップスリム』ブランドが、20代~60代の女性1,034人を対象にしたダイエットに関する実態調査の結果を紹介します。

 

ダイエットのきっかけは「鏡に映る自分の姿」に幻滅!?

過去にダイエットを行ったことのある既婚女性508人へ「あなたは現在ダイエットをしていますか?」と尋ねたところ、半数以上の309人が「ダイエットしている(60.8%)」と回答。

さらにその“ダイエットをしている“と回答した309人に、「現在行っているダイエットを始めた主なきっかけは何でしたか?」という質問に対し、最も多かった回答は「鏡に映る自分の姿を見て」(18.8%)、次いで「人生における最高体重になってしまったから」(18.4%)など、“自らの気づきからダイエットを開始“する傾向にあることが分かりました。

 

既婚女性のダイエットを決意させるのは「夫」!

また、ダイエットのきっかけが体型の変化や体重増加に対する自らの気づきであった一方で、「周囲の誰に“太ったね“、“太っているね“と言われるとダイエットを決意しますか?」という質問に関しては、1位は「夫」(47.2%)、2位に「家族・親戚」(44.0%)と、より身近で親密な関係性にある人物からの指摘がダイエットを始めるきっかけになることが判明。
“友人“という関係性の場合においては、「異性の友人」(22.7%)よりも「同性の友人」(42.4%)と回答した人が多く、同じ女性からの意見の方が耳を傾けやすいという結果に!

 

手っ取り早く試すのはやっぱり食事制限

過去から現在までに実践したことのあるダイエットについて質問したところ、1位に「食事量や摂取カロリーの調整やコントロール」(87.4%)、2位に挙がったのは「カロリーの低い食事を心がける」(72.5%)と、まずは食生活の改善を挙げる人が多いことがわかりました。

さらに、今後も行いたいダイエットについて質問したところ、前問と同様、「食事量と摂取カロリーの調整やコントロール(66.0%)」が1位という結果に。

 

ガマンはイヤ!お腹いっぱい食べて痩せる食事テク

痩せたいと思ったとき、女性のファーストチョイスは運動よりも食事制限ということが判明しました。しかし、食べないダイエットはツライもの。できれば、おなかいっぱい食べながら体重を落としたいところです。

『美レンジャー』の過去記事「1年で14kg減のシェフも!食べて痩せる“ダイエットの神食材“まとめ」では、ガマンすることなくしっかり食べつつスリムになれる食べ物を紹介しています。

(1)「食事の量は減らしたくない!」料理にプラスするだけ食材

近年、その栄養価やダイエット効果が注目を集めている“もち麦”。もち麦ごはんでご自身も1年で-14kgのダイエットに成功したという山下春幸シェフが考案した『もち麦琉球豚みそ』は、ご飯にかけるのはもちろん、おにぎりの具や炒め物などの調味料としても使い勝手抜群。

冷蔵庫で約1週間保存が可能なので、つくり置きしておけば料理のバリエーションが広がります。

<つくり方>

(1) ゆでもち麦(100g分)をつくる。もち麦100g、580mlの水、一摘み塩をすべて鍋に入れる。強火にかけ沸騰したら中火にし、約20分加熱する

(2)火を消し、ふたをした状態で水分がなくなるまで置く(約10~25分)。残ったもち麦は冷凍保存で約2週間保存可能

(3)鍋に豚ひき肉を入れ、パラパラになるまで中火で炒める

(4)(3)にをA混ぜ、さらに麦みそを加え混ぜる

(5)(4)にゆでもち麦、Bを入れ、水分が飛んで煮詰まるまで約5分間練り上げる

(2)糖質オフ中だけど…「麺が食べたい!」ときのベジヌードル

海外セレブにも人気なのが、野菜を麺に見立てた“ベジヌードル”。一般的なスパゲッティは1人前で約360kcal(100gのパスタが茹で上がり時は約240gになると試算)ですが、ベジヌードルなら大幅にカロリーを抑えられます。

 

“増えたら即戻す”がダイエットの鉄則。数百グラムでも、「これくらい大丈夫だろう」だなんて自分を甘やかさず、日々の小さな努力でスタイル維持に努めましょう。それには“毎日決まった時間の体重測定”が効果的。朝晩体重計に乗って微調整を心がけるのがよいでしょう。

 

 

【おすすめ記事(PR)】

浮いたお金で女子力アップを狙っちゃう?スマホのカンタン節約術

髪質で悩む私にサヨナラ!さらさらストレート髪に近づくのはあのシャンプー

「若見え肌」は58歳なのに…見た目30代!500円で始める高級美肌ケアサプリ

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

 

【参考】

※ 【ダイエットに関する意識調査】ダイエット経験のある既婚女性に聞いた!結婚後のダイエット実態調査既婚女性の60.8%は現在もダイエットを実施中!ダイエットを決意させるのは身近な『あの人』からの一言! – アサヒグループ食品株式会社

初出:美レンジャー  ライター:美レンジャー編集部

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事