小学館
  • CanCam
  • AneCan
  • Oggi
  • Domani
  • Men's Precious
  • Precious
  • 和樂
  • 美的
  • Woman Insight
  • 小学館女性インサイト研究所
美的.com
シーンで選ぶ
2016.6.29

〝ストレートアイロン〟ひとつでできるなみなみウエーブ


甘くかわいらしい印象の巻き髪よりも断然、ちょっぴり辛口のニュアンスウエーブが今季のトレンド。内カールと外カールを交互に作り、波打つような無造作な動きを出せるのはストレートアイロンならでは。

 

なみなみウエーブの作り方

 

①内側の毛から巻いていく

1259

ハチ上の毛をクリップなどで留め、ハチ下の内側の毛から〝なみなみ〟に。ひと束を、10㎝間隔で上から順に内カールと外カールをヘアアイロンで交互に作ってウエーブ状に。

 

②表面の顔周りは高め内カールから

1244

内側の毛を巻いたら、クリップを外して表面の毛を〝なみなみ〟に。顔周りはやや高めの位置から内→外→内→外と5㎝くらいずつずらしてウエーブを作り、立体感を出して。

 

③巻き始めの高さ&カールは不ぞろいに

1247

②の横の毛束は根元から10㎝程下、外カールからスタート。こうやって高さや巻き、ウエーブの幅をランダムにすると、よりこなれた雰囲気に。

 

one point

顔周りだけ〝なみなみ〟でも、さりげないおしゃれ感が!

1263

内側から表面まですべてウエーブにせず、〝なみなみ〟のニュアンスは顔周りの表面のみにしても。バサッとしたボリュームが出て、おしゃれっぽい印象に見せてくれます。時間がないときはこのテクニックで差をつけて。

 

撮影/三瓶康友(人物)、中田裕史(静物) ヘア&メーク/林 由香里(ROI) スタイリスト/角田かおる モデル/林田岬優、結城はゆる デザイン/GRACE.inc 構成/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む