ヘアアレンジ・髪型
2020.1.28

冬の重たい印象を打破!|タートルネックを着たときの丸顔感もカバーする“ゆるくしゃ”アップスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 97】

「冬はタートルネックのセーターを着たり、マフラーを巻いたりするので、顔まわりの印象が重たくなりがち。だから、髪をアップスタイルにすることが多いです」という鬼束。
「アップにするときに気をつけているのが、タイトな印象にならないようにすること。特に、大好きなタートルネックを着ると顔の輪郭が強調されてしまうので、前髪も後ろ髪も毛先に動きを出してカモフラージュするようにしています」
冬の装いを軽やかにする、ゆるっとしたアップスタイルを教えてもらいました。

今月の賢人File

美的.com編集担当 鬼束真帆

af7i0059_750-1

名前:鬼束真帆(おにつかまほ)

年齢:23

髪質:太さは普通だが、毛量は多め。うねりやすいクセ毛。

髪の長さ:バスト上まであるセミロング。前髪は口くらいの長さ。

ヘアカラー:ナシ

パーマ:ナシ

髪コンプレックス: 多毛かつドライヘアでクセもあるため、膨らみやすい。

賢者プロフィール:『美的com』にて、本誌の転載や診断記事を担当。コスメの新作発表会で培った知識をフルに活用し、マイベストコスメを模索中。担当している記事はこちらhttps://www.biteki.com/hair/colors/480875

動きのある“ゆるくしゃ”アップスタイルHow to

STEP1】動きを出しやすくするために毛先を巻く

af7i0238_750「アップにしたときに毛先まできっちりまとめないので、軽やかに見せるためにコテで巻いていきます。巻き方は内巻きと外巻きをランダムにして動きを出します」

STEP2】ヘアゴムの最後を通しきらずにコンパクトなお団子を

af7i0230_750「ポニーテールをするようにヘアゴムで髪をひとつにまとめていきます。最後だけヘアゴムを通しきらず、親指1本分が入るくらいのコンパクトなお団子の状態でストップ。お団子は小さめの方がボリュームを抑えられ、タートルネックとのバランスがよくなります」

STEP3】ヘアゴムに髪を巻きつけて結び目を隠す

af7i0223_750「後ろ髪から少し毛束を取り、ヘアゴムに巻きつけて結び目を隠します。巻きつけた毛先は、【STEP2】で結んだヘアゴムに入れて固定を」

STEP4】トップの髪をつまみ出して縦長ラインに

af7i0228_750【STEP2】の結び目を持ち、トップの髪を少しずつつまみ出していきます。」

STEP5】前髪の毛先にヘアオイルをつけて毛束感を

af7i0209_750「前髪の毛先にヘアオイルをつけて、毛束感を出します。前髪を少しずつ毛束にすると動きがついて、フェースラインが目立ちにくくなります」 

【完成】

af7i0206_424
ラフな毛束感のある前髪で、顔の丸みをカバー。
ボリュームのあるタートルネックのセーターを着ても軽やかな印象に。

後ろから見ると…
af7i0218_750
コンパクトなお団子と、動きのある毛先のラフさが、タートルニットとのバランス◎!

 

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事