ヘアアレンジ・髪型
2020.1.14

サイドの髪を抑えつつ手軽に今っぽく♪|縦長フォルムを意識した旬の太めカチューシャアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 95】

その日によってクセの出かたが違うから、ヘアスタイルは朝起きてから決めているという鬼束真帆。
「最近のお気に入りのアレンジは、流行の太めカチューシャを使ったスタイル。ハチのボリュームを抑えるのにも役立ちます。しかも、つけるだけでサマになる手軽さも便利」とのこと。
今っぽい太めカチューシャのつけ方を教えてもらいました。

今月の賢人File

美的.com編集担当 鬼束真帆

af7i0059_750名前:鬼束真帆(おにつかまほ)

年齢:23

髪質:太さは普通だが、毛量は多め。うねりやすいクセ毛。

髪の長さ:バスト上まであるセミロング。前髪は口くらいの長さ。

ヘアカラー:ナシ

パーマ:ナシ

髪コンプレックス: 多毛かつドライヘアでクセもあるため、膨らみやすい。毎朝クセの出かたが違うので、スタイリングに悩まされている。

賢者プロフィール:『美的com』にて、本誌の転載や診断記事を担当。コスメの新作発表会で培った知識をフルに活用し、マイベストコスメを模索中。担当している記事はこちらhttps://www.biteki.com/hair/colors/480875

ハチのボリュームを抑えつつ今っぽい太めカチューシャアレンジHow to

STEP1】トップの髪を後ろに流す

af7i0136_750「カチューシャをつけやすいように、前髪を残してトップの髪をかき上げて後ろに流します。手のひらにほんの少しヘアオイルを広げておくと、毛流れを動かしやすいですよ」

STEP2】カチューシャを頭頂部から差し込む

af7i0133_750「カチューシャを、とめたい位置の真上から差し込みます。前から髪を持ち上げるようにするのではなく、差し込むのが今っぽくなるコツです」

STEP3】毛先にオイルでツヤとまとまり感をプラス

af7i0125_750「ダウンスタイルの時は毛先のパサつきも気になるので、オイルをなじませてツヤを出します。毛先のまとまり感もよくなりますよ」

 STEP4】トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る

af7i0120_750「カチューシャの後ろのトップの髪をつまんで高さを出します。これで頭の形が縦長になり、丸顔もカバーできます」

【完成】

af7i0110_750太めカチューシャでハリのボリュームを自然にカバーしつつ、トップはふんわりとしてすっきり縦長に。
大人っぽい雰囲気のカチューシャヘアの完成!

※紹介した商品は私物です。

構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事