美的クラブ
2020.8.4

くまに悩む皆様へ。私のくま改善治療について語ります【美的クラブ通信】

By 小口 紗欧里

小口 紗欧里

皆さま、こんにちは。

美的クラブの小口です。

今回、悩んでいる皆様に少しでも参考になればと思いクマに対して熱い思いをこめた本気のレビューです。

88d986a3-439a-4fc1-a62c-744f7a192d32

自分自身で色々と調べたまとめなので確実に正解の内容ではないかもしれません。
本当に悩まれている方は医師に相談されるのが一番だと思います。

今回も、目の下のクマがすっぴんでも気にならなくなりたいと調べて、受けてきました。

ちなみにご存知の方も多いと思いますが、クマには種類があります。
●黒クマ:加齢などによるたるみクマ。
●青クマ:目の下の皮膚が薄く静脈が透けて見えるクマ。
●茶クマ:色素沈着によるクマ。

また、これらのクマの混合タイプの方もいらっしゃいます。

私は顔の皮膚が薄く静脈が透けて見える青クマタイプでした。
といいつつも、顔の作りで目の下が影になりやすいこともあり、ある意味私も混合タイプの悩みでした。

そして涙袋がかなりはっきりしており、良くも悪くもこのはっきりした涙袋のおかげで写真だと目の下が影になるのです。

クマなんてあっても良いことがあるわけないのですが、強いて言えばひとつだけ。
クマを目立たなくする為によく笑います。
目元をくしゃっと笑うとクマが目立ちにくい(私の場合)。
なので声を掛けられたり、人とお話しするときはいつもニコニコ。
とても愛想の良い人に思われます♪
クマを治療してもこの笑い方は残っているので、人生を愛想だけで生き抜いてきた私にはこれだけはとても良かったです。

a9078dd4-d13d-4998-b80a-6fb078b6bb17

ちなみにクマについて調べた時に黒クマについてもかなり調べたので備忘として。↓

●黒クマ=たるみクマって若い方だと分かりにくいのですが、眼球を支える目の周りの筋肉が衰えて目の下のクッションの脂肪が前に出てしまっている状態。
脂肪の出方は人それぞれ、黒クマタイプの方は年齢があがるとより脂肪が出てくるのでお年寄りで目の下がかなり膨らんでいる方は分かりやすいですね。

逆に20代でも黒クマになる方ももちろんいて、まだ初期だと分かりにくいですが目の下が少し膨らんでいるなぁと思う方は黒クマの可能性が高いです。

さてさて、黒クマについてだいぶ熱く語りましたが続いては私の悩みの青クマについて。
今年初めにレーザー治療を受けてきました。
銀座にある禅クリニック。

b3b93e2b-095b-4a7e-9ef3-07d716299aef 47fff7d6-fd42-47e3-850c-4a32d5cdac89

とても綺麗なクリニックでした。
医師の診察を受けたあと、いざ治療。
レーザー治療は慣れているのですが目の下はやはり怖かったです。しかもジリジリ熱くて。
顔を背けそうになりながら頑張りました!
こちらがbefore after。

54605d88-2b13-4106-aa19-d869b785b6d3
どちらもすっぴんですが、光の当たり具合でやや分かりにくいかも。
でも、すっぴんならコンシーラーなしでも気にならない程度に。
そして心なしか涙袋がはっきり!
2回3回続けるともっと効果があるようなのですがとりあえず満足しているのでまた気になるようなら受けに行きたいです。

このブログが少しでも皆様の参考になれば嬉しいです。
出来ることからで良いので一緒に綺麗を目指しましょう♪

本日もお読み頂きありがとうございます。

インスタもしていますのでフォローして頂けると嬉しいです!

アカウント→saori_life_diary2

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket
小口 紗欧里

主婦、保険会社勤務

小口 紗欧里

はじめまして。 美容、ファッション、旅行が大好きな会社員兼主婦です。 『美的』の他にもファッション誌やママ雑誌などで読者モデルをさせて頂いています。 元気に走り回る3歳と1歳の息子がいる為、時短で美しくをモットーに自分に合う美容を研究しています。 美容もファッションもハイブランドかプチプラかにはこだわらず、本当に良いものを見付けて皆様にも御紹介していきたいと思います。

あなたにおすすめの記事