美的クラブ
2019.4.15

Cゾーンを制するものは美白を制す!「美的Cafe with DHC」に参加しました♪【美的クラブ通信】

By 藍沢 美香

藍沢 美香

美的クラブ・コスメコンシェルジュの藍沢美香です。

 

先日、美的Cafe with DHCに参加させていただきました!

190208-01

今の季節、一番気になる「美白ケア」について勉強してきましたよ。

190208-09

今回は『C』がキーワード
DHCから3月7日に発売された美白美容液『DHC ザ スノー ショット』をご紹介いただきました。

190208-08
日頃からシミが気になっていたので、今回の新商品は嬉しいアイテム!

この日のために用意された美肌になれる豪華なワンプレートをいただきながら、

190208-07

特別ゲストの美容家 水井真理子さんとDHCマーケティング担当の下田さんの

勉強になるトークショー。

190208-06

 

「顔のどの部分のシミが気になるか?」

という質問に対して「頬、頬骨、目の下」などのCゾーン

との回答が圧倒的に多いのに対し、「Cゾーンをケアしている」という人が少ない!

そんな結果に注目して作られたのが『DHC ザ スノー ショット』なんですって。

 

今ある悩みだけでなく、これからくる悩みに対しても

アプローチしてくれるので、今のうちからのケアが大事。

190208-02
水井真理子さんは、今のうちからしっかり美白ケアしておけば

1ヶ月後にはワントーン変わってきますよ♪とおっしゃっていました!!

これは気合いれて頑張らないと!

 

 Cゾーンって、ハイライトを入れることは知っていたけれど、

美白ケアをしなくてはいけないなんてすっかり忘れていました。

目の周りはアイクリームで小じわケアすることばかり考えていましたが・・・

そうか。美白ケアをしっかりしなきゃいけないんだ!と思い知らされました。

 

実際にCゾーンにシミがあることで+7歳に見えるというデータも。

p1130233

Cゾーンにシミは出来やすい上に、ケアをしっかりしていると言う人が少ないと言うアンケート結果が出ています。

『DHC ザ スノー ショット』は、そのCゾーンに着目した部分美容液。

 

最大の特徴は、美肌の司令塔「nrf2」を活性化させてくれる成分「ニガハッカエキス」を配合。

p1130243

この成分によって肌悩みを解決できるというお話でした。

 

この美容液、クリーム状かと思いきや、ジェルっぽい美容液で

するするっととろけるようなテクスチャー。

190208-04
このテクスチャーにもこだわりがあり、「メルティアプローチ処方」と言われています。

凸凹の多い目の周りでもピタッと密着してくれるテクスチャーなんです。

190208-03

これからはCゾーンを制するものは美白を制す!と言っても過言ではありませんね♪

 

フォトジェニックなスイーツまで美味しかったです!

190208-05

 

お読みくださりありがとうございました。

SNSでもつながってくださいね♪

★instagram→@i_mica

★blog→Nekomusume Beauty Lab.+C

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket
藍沢 美香

ライター、華道家

コスメコンシェルジュ取得。美容と猫が大好き。乾燥肌。最近は年齢肌の悩みが増えてきて、エイジングケアに力を入れています。くすみ、シミ、たるみケアなど研究中。メイクは特にアイシャドウに興味があり、ピンク・パープル系を好んで使っています。季節に応じたスキンケア方法や楽しい美容ライフを皆さまと共有していけたらと思っています。

あなたにおすすめの記事