美的クラブ
2017.5.31

ガン予防食材をプラス♪

By 西川 綾香

西川 綾香

最近報道で注目の肺腺ガン!
タバコと因果関係が低い都市型のガン。
男性よりも女性がなりやすいという統計が出ていて、咳やタンなどの症状が出にくい。
タバコは吸っていないから肺ガンにはならないと安心していた方にとっては怖い話ですよね!

私達の体の中で日々作られているガン細胞!毎日の食事にガン予防に良い食材をプラスして体の中からガン細胞をやっつけてしまいましょう(^o^)/♪

★ビタミンACE(エース)★
ガンを予防するには免疫力を高めることがポイントになります!免疫力ががん細胞を攻撃し、抑えこむ働きをしてくれるからです(^○^)
免疫カがダウンするとガン細胞を抑えきれなくなり、ガン細胞が増殖してしまいます(゚o゚;;)
ガン細胞をやっつけてくれる免疫を高めたり、活性酸素を無害化するには抗酸化物質をとりましょう♪
ビタミンA・C・Eは抗酸化作用が強く、がん予防だけでなく美容にも欠かせない栄養素ですよ!

*ビタミンA
にんじんやカボチャに豊富に含まれるカロテンは体内でビタミンAに変化し、免疫力を高めます。強い抗酸化作用もあります。

*ビタミンC
赤ピーマン黄ピーマンいちご・キウイ・サツマイモ・じゃがいもなどに含まれます。ビタミンCは熱で壊れてしまうので生で摂りましょう(^^)ただし、芋類のビタミンCはデンプンで守られているので熱で壊れにくいです。

*ビタミンE
アーモンド・カボチャ・アボカド等に含まれます。強力な抗酸化作用で私達の細胞を酸化から守ります。

 

ファイトケミカル

ファイトケミカルとは、野菜・果物・豆類、芋類・海藻・お茶・ハーブなどの植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。抗酸化力・免疫力アップなど、健康維持・改善に役立つのではないかと期待され研究が進んでいます。赤ワインのポリフェノールもファイトケミカルです(^o^)

にんにく
にんにくに含まれるアリシンには、抗酸化作用・殺菌作用・発ガン物質の無毒化作用があります。
アメリカ国立がん研究所作成の資料において「ガン予防についてその効果が最も信頼できる食材」としてトップに君臨している食材です。

しょうが
ショウガに含まれる「ジンゲロール」は強い抗酸化力があり、細胞の酸化を防止することで抗ガン作用が期待できます。ジンゲロールは免疫力が向上することで特に大腸がんの予防に効果的と考えられています。

キャベツ
キャベツに含まれるイソチオシアネートという成分にはガン抑制効果があります。またキャベツにはビタミンCも含まれています。

ブロッコリー
ブロッコリーに含まれているスルフォラファンは、強力な抗ガン作用があります。最近では、ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)がスーパーなどに出回っていますが、これにはブロッコリーの20倍ものスルフォラファンが含まれていますよ!

きのこ類
しいたけなどのキノコ類に含まれるβ-グルカンは免疫力を高めてガン細胞をやっつける働きをもっています。また食物繊維も豊富なので免疫に重要な腸内環境の改善にも役立ちます♪

 

img_3981
どれも身近な食材ですよね(^o^)
日々の食事にガン予防食材をプラスしていつまでも健康で生きたいですね☆

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket
西川 綾香

管理栄養士・美肌食マイスター

西川 綾香

美容と健康が大好き!私の夢は内面から美しくイキイキと生きていける方を増やすことです(^^)! 管理栄養士・美肌食マイスターとしての知識を活かした美しさのヒントをお届けします!

あなたにおすすめの記事