大高博幸さんの 肌・心 塾
2018.9.25

10 月のベージュ 【 大高博幸さんの肌・心塾 Vol.466 】

10 月のベージュは やゝ少なめながら、シャネルと YSL とファシオから リップカラーが 数色 まとまった形で登場します。要チェックの限定品は、ジバンシイのシャドウパレット。さらに かなり目立っているのが、ベア ミネラルのリキッドハイライターと NARS のリキッドブラッシュで、ベージュラヴァーの肌に 新鮮な輝きと スマートな血色を もたらしてくれます。
では いつものように、発売日順にサクサクッと御紹介。なお、価格は全て税抜表記。画像の色は 各社のデータの関係で、赤み or 青みが 強く出ている場合が 多々あるコトを御了承ください。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-5

RMK ザ ベーシック 4 アイズ 01、02、03 ¥5,000 ( 10.1 発売 )
グラデーション使いに とらわれない、自由なメイク法を提案するシャドウパレット。右端は ソリッドクリーム、他の 3 色は パウダータイプ。01 はウォーム、02 はクール、03 は やゝホット & ニュートラルな色調の組み合わせ。パッケージがユニークで面白い。

%e3%83%99%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab

ベア ミネラル ベアプロ グロー ハイライター フリー、ジョイ、ウィムジー、フィアース ¥3,800 ( 10.3 発売 )
みずみずしい艶と明るい輝き + リフトアップしたようなハリ感を肌に与える、リキッドハイライター。ファンデーションの前後に使っても、リキッド or クリームタイプのファンデーションにブレンドして使っても◎。4 色中、最もベージュニュアンスを感じさせるのは〝 フィアース 〟。使用量と使用法によって、仕上がりに変化をつけやすい。

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab

シャネル ( 全て 10.5 発売 )
ルージュ アリュール ヴェルヴェット エクストレム #102、#118 ¥4,200
セカンドスキンのようにジャストフィットする、インテンスマットな仕上がりの新口紅。#102 は、アンバーを帯びたミディアムトーンのキャラメルベージュ。#118 は、ミディアムトーンのローズベージュ。
ルージュ アリュール リクィッド パウダー #952 ¥4,200
パウダリーな仕上がり、ジェルベースの 新リキッドマットリップカラー。揮発成分無配合の使用感がユニーク。#952 は、ポップなニュアンスをも感じさせるベージュピンク。
ルージュ アリュール ヴェルヴェット #68、#69 ¥4,200
限定パッケージで登場する、ルミナスマットな口紅の秋の新色。#68 は、やゝ明るめのミルキーなキャラメルベージュ。#69 は、ミディアム~ディープトーンのローズウッドベージュ。

%e3%82%b8%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a4

パルファム ジバンシイ アイ・コレクション・パレット ¥7,700 ( 10.5 限定発売 )
ベージュ~ブラウンのナチュラルなグラデーション 7 色を収めた、小さなクラッチバッグ型のシャドウパレット。7 色のうち 5 色がマット、2 色がパーリィテクスチャーで、オフィス使いに適している。フルサイズのミラー & ダブルエンドのアプリケーター付き。これは ジバンシイの Xmas 限定コレクション 第 1 弾。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3

イヴ・サンローラン ボーテ ルージュ ピュールクチュール ザ スリム No.11、No.16、No.17 ¥4,300 ( 10.5 発売 )
エレガントでいてカジュアルな雰囲気を併せ持つ 唯一無二のフィーリング、YSL ならではの 極上の新マットリップスティック。エッジィなスクエアカット、スタイリッシュなパッケージも さるコトながら、ドライなタッチを感じさせない スフレのようにソフトなテクスチャーがユニーク。3 色中、最も明るいのは No.17 のウォームローズベージュ。No.11 は 少しテラコッタ色寄りのミディアムウォームベージュ、No.16 は ローズウッドニュアンスのミディアム~ダークなウォームベージュ。

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%8b

ジョルジオ アルマーニ ビューティ ルージュ ドゥ アルマーニ マット 102 ¥4,200 ( 10.5 発売 )
クリーミーなテクスチャー、パウダリーマットフィニッシュの新口紅。ドラマティック & クラシックでいて トレンド感 豊かな色調の 15 色のラインアップ ( 赤系の色が中心 ) 。102 は、テラコッタのテイストをも感じさせる、ミディアムトーンのリッチなウォームベージュ。

%e3%82%b8%e3%83%ab

ジルスチュアート ( 全て 10.5 発売 )
ブランドの個性である可愛らしさを保ちながら、一段階 大人びた印象の新アイカラーパレット & 新リップカラー。
モデリングルーセント アイズ 01、02 ¥5,000
薄膜で、透明度の高い艶やかな目元を演出するシャドウパレット。左上はクリーミーなシャドウベースで、3 色のグラデーションカラーの仕上がりを高めてくれる。01 は 黄み寄りのベージュ~ブラウン、02 は 赤み寄りのベージュ~ブラウンのセット。
ドレスド ルージュ 05 ¥2,800
高発色、なめらかなテクスチャーのリキッドルージュ。乾きやすい唇を保護する 2 種の美容オイル配合。05 は、チュチュをイメージした、明るく繊細なヌードピンクベージュ。

%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%af

マリークヮント ( 全て 10.5 発売 )
クヮント バイ マリークヮント ブロウ ライン ¥3,800
色滑りしやすく 色がつきにくいという方へ特にオススメの、定着力の高いアイブロウペンシル。芯は楕円タイプ、ウォータープルーフ処方。色は、大多数の日本人に適すナチュラルブラウン 1 色。
クヮント バイ マリークヮント リキッド アイライナー ¥3,800
ノック式、コシのある極細ブラシで、細い線も太い線も描ける、ウォータープルーフ処方のリキッドアイライナー。色は、深みのあるダークブラウン 1 色。

%e3%82%a8%e3%83%86%e3%83%a5%e3%82%bb

エテュセ クリームアイライナー WP a CT BK、CT BR ¥1,000 ( 10.11 限定発売 )
好評を得ている濃密クリームアイライナー、ねこモチーフのデザインによる限定版。スルスル描けて落ちにくゝ、ぱっちりとしたキャットアイが楽しめる。まつげの根元と際をブラックで細く描き、その上をブラウンで太めに描くと、キツくならずに眼を大きく見せるコトができる ( オードリー・ヘプバーンも、この方法を映画で採り入れていました ) 。

nars

NARS リキッドブラッシュ 5157、5158 ¥3,400 ( 10.12 発売 )
シルキーな感触のリキッドチークカラーの新色。エフォートレスでいて洗練された血色感を演出してくれる。これだけでも、パウダーブラッシュと併用しても◎。僕は、5157 ( シアーなゴールデンアプリコット ) を ほゞ顔全体に 薄めに伸ばした後、5158 ( マットなダスティローズ ) を頬のトップなどにアクセントとして重ねるのが好き ( 高揚感あふれるハッピーフェースが作れます ) 。

%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af

コーセーコスメニエンス ネイルホリック リミテッドコレクション 01、04 ¥920 ( 編集部調べ ) ( 10.16 限定発売 )
おなじみ〝 ネイルホリック 〟の限定セット。01 は、素肌感覚の上品なヌードベージュのセット ( 右端のボトルは、クリア & グロッシーなトップコート ) 。04 は、甘さとコク感を両立させたチョコレートカラーのセット ( 右端のボトルは、マットな質感に変化するトップコート ) 。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b7%e3%82%aa

コーセーコスメニエンス ファシオ ダブル ステイ ルージュ BE340、BE341、BE342、PK840 ¥1,600 ( 10.16 発売 )
2 ステップで 簡単に仕上げられる、食べても 飲んでも 落ちにくい、ファシオ 最強のリキッドルージュ。2 ステップの間に 乾かす必要がないため、カラーベースを塗布した後、すぐにトップコートを重ねるコトができる。4 色のうち、最もベージュらしいベージュは、黄み寄りの BE340。

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%ab

リンメル ショコラスウィート アイズ YH 001、015 ¥1,600 ( 10.19 限定発売 )
人気イラストレーター 星陽子さんとコラボレートした 5 色セットのシャドウパレット。001は ゴールドのスパイスを効かせた ジンジャーラテショコラ、015 は トロけるように甘い ストロベリーショコラ。
今回は以上。11 月のベージュカラーニュースは、10 月 30 日頃の配信予定です。では!

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
biteki-m@shogakukan.co.jp
( 個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事